大阪不明女児 家族から聴取 保護責任者遺棄容疑 大阪府警(2009.4.23)

 大阪市西淀川区内の女児(9)が行方不明になっている事件で、大阪府警は午前、母親(34)、内縁の夫(38)とその知人(41)らが失踪に関与している疑いがあるとして、保護責任者遺棄容疑で任意の事情聴取を始めるとともに、自宅を同容疑で家宅捜索した。捜査が身内を対象とする展開となった。
 
 女児の通っている小学校によると、体調不良を理由に長期欠席していた女児に会うために自宅に行ったが、家族から「忙しい」「共働きなので親戚宅に預けている」などと断った。その一方で府警には「(女児は)ずっと自宅にいた」などと学校側と説明が食い違っていた。
 
 保護責任者遺棄容疑での捜査について大阪府警は、長期欠席が続く中で、女児を自宅に残して外出している間に、所在不明になった点などが保護者としての義務を怠ったとの判断による。
 
 事件発生当時に周辺の防犯カメラの記録提出を受けて調べたが、女児とみられる姿が確認できなかった。10日には公開捜査にして情報提供を呼びかけたが、失踪されたとされる時間帯に近隣で有力な目撃情報は一切無いという。近所の人が女児とみられる女児の泣き声や、大人の怒号をたびたび耳にしていたことも分かっている。
   
 女児が行方不明になってからすでに2週間経っていることから、警察では家宅捜索をして女児の手がかりを見つけたいと報道関係者に言っているという。午前8時から始められた家宅捜索は、外からも見えないように慎重を期して行われて終了した。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 大阪女児不明:母と内縁夫から聴取 府警(毎日新聞・09/4/23)
★ 大阪の女児不明、府警が自宅を捜索 母親らから事情聞く(読売新聞・09/4/23)
★ 大阪の小4女児不明で母親ら3人を聴取 自宅も家宅捜索(産経新聞・09/4/23)
★ 大阪の不明所自宅捜索 責任者遺棄容疑、母親ら任意聴取(朝日新聞・09/4/23)
 

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA