「これはもう、だめかもわからんね」

 1985年8月12日18時56分、日本航空123便が群馬県の御巣鷹山に墜落するまでの生々しいやりとりを公開している動画。機長も副操縦士も最後まで諦めずに奮闘している様子を聴くことが出来る。
 
 悲しくなる。
 
 乗客を守るために最後まで戦っている瞬間があったことは忘れたくない。そして航空機事故史上最悪となってしまったこの出来事を絶対に忘れてはならない。
  
   
 
★ JAL 123 日航ジャンボ墜落 フラッシュ(音が出ます)
 

 
 
 

(Visited 129 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA