大津市の人身事故

 
 かつて遭遇した事故は東京・渋谷区内の表参道の道路。左折しようと速度を緩めたところで後ろから追突された。そのはずみで左前方に駐車していた黒い乗用車にぶつかってしまった。3台の事故だが、車の軽微な損傷はあったものの運転手は全員無事であった。
 
 もしあの時、追突されたはずみで歩道にいた多くの人たちに突っ込んでいたらどうなっていたのか。それを考えると今でも背筋が凍る。
 
 大津市で起きた事故では保育園児の男女2人が亡くなった。園児たちは保育士の女性3人といつものように並んで歩道で信号が変わるのを待っていただけである。そこに交差点を右折しようとした女の容疑者(52)が運転する乗用車と、直進してきた女性(62)の軽自動車が接触。そのはずみで女性の軽自動車が近くの歩道にいた園児たちに突っ込んだ。
 
 いわゆる「右直(うちょく)の事故」である。人や車が交差する交差点はこの種の事故が多い。事故を防ぐためには交通規則を守るしかない。報じられている事故はほとんどが運転手の過失によるところが大きいように感じる。
  
 運転をしていると保育園児数人が保育士の先生たちと小さく歩いている光景を見かけることがある。先生は私を見つけると園児たちをとめて私をやり過ごそうとする。先生はみんな私の方を見ている。その期待に応えるべく、園児たちの隊列と大きく距離をとってゆっくり通過した。別のときでは交差点を渡ろうとしていた園児たちを発見したので3メートルほど手前で止まって譲った。
 
 至って当然の行動なのだが、このときに考えたのは園児たちを怖がらせないことよりもむしろ、園児をかばうようにこちらを見ている保育士の先生たちを安心させるためであった。とにかく保育士先生たちは園児を連れて外で歩いているときには車の動きに目を光らせているのがよく分かる。
 
 10連休前にも神戸・三宮と東京・池袋で大きな人身事故が起きた。被害者には何の落ち度もない事故であった。被害者やその家族にとって明るいはずの未来が暗転した。呼吸をするかのように訪れる時間が奪われた。優しい、かわいい、勇ましい、そんな魂に触れることができなくなってしまった。亡くなってしまった人たちの無念を忘れずにいたい。自戒を込めて交通ルールの確認を広めたい。
 
 大津市の事故について、記者会見で園長先生の女性が号泣されていた。こういうときに自分が目の前にいたとしても、かけることのできる言葉があまりにもなさすぎて、とても辛い。

スプレー缶やガス缶には注意

 札幌でのガス爆発は想像以上に被害が広がっているようである。てっきり飲食店による火の不始末が原因かと思いきや、隣の事業所事務室で従業員がスプレー缶100本以上に穴を開けて室内にガスが充満。そこで従業員が湯沸かし器のスイッチを入れたところで爆発した。
 
 札幌市のホームページを確認すると、スプレー缶やガス缶(カセットボンベ)の廃棄時に穴を開けなくてよい決まりになっている。それを知らなかったとしても、今回の件で屋内でガスを抜く作業をしては危険だという認識がなかったのは残念である。

 当該事務所は跡形もなく吹き飛び、隣の飲食店も全焼した。負傷者が多数出たが亡くなった方がいらっしゃらなかったのは不幸中の幸いである。

 いくつかの自治体のホームページにも記載があるが、スプレー缶やガス缶やライターなどの引火性のゴミは中身を使い切ってからゴミ置き場に置くというのが共通のルールとなっている。使い切らずに出してしまうとゴミの回収車が火災を起こす事故に繋がり実際に起きている。
 
 ガスライターや整髪料のスプレーなどは粘着テープでボタン部分を押してやると勝手に中身が出続けてくれる。そのときに周囲に火の気がないことを確認することが重要である。ガスが周囲に拡散しないように新聞紙や布切れに吹きかけるのも有効であると専門家が話す。
 
 自宅にガス会社から手紙が来ていた。来年から値上げをするのだという。ならばいい機会なので、使い切っていなかったカセットガスで料理をしよう。
 

高1男女が人命救助 さいたま

 人命救助をした高校生二人が埼玉県警大宮西署から感謝状を贈呈された。菊地将大さんと岩崎せつなさんで、ともに1年生だという。昨年12月、二人はさいたま市西区内の歩道上で転倒していた女性(82)に「大丈夫ですか」と声をかけた。通行人の男性が通報し、二人は救急車が来るまで声をかけ続けたという。
  
 転倒している人に対してはまず意識の有無を確認することが重要である。二人は「直感的に」(岩崎さん)その行動をとった。
 
 そうした場面に遭遇したら、次に取る行動は通行人に通報を要請することである。その間に声をかけ続け、近くにAEDがあれば持ってくるか近くの人に持ってきてもらう。
 
 相手の意識がない場合、AEDは開けることで電源が入り(自分で入れるものもある)自動音声が流れてくるのでその指示に従う。
 
 「回復体位」を知っておくと有用である。
 
 救命講習を受けたことがある。胸骨圧迫する心肺蘇生法が知られているが、実際にやってみるとかなりハードである。救急隊員が到着するかAEDが来るまでひたすら続ける必要がある。近くに人がいれば交代して続ける。
 
 人工呼吸も人形相手に行った。倒れている相手に対してかがんだ姿勢で空気を送り込むので大きく空気を吸い込み吐き出す力が必要である。一度教わるといざという時の心構えができる。こうした講習は近くの消防署などで行われているので、興味のあるかたは情報を探してみるとよいだろう。
 
 若者の活躍はどんな分野であれ躍動的で純粋でバブリーでよいものである。男性が倒れている女性にAEDを使うのに問題があるとかないとかの議論があるようだが、倒れた人を目前にしてそんな事を考えている時間があるかどうか、冒頭の菊地さんや岩崎さんに聞いてみるとよい。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 返事がない・・転倒の高齢女性を救助 高1の男女2人、救急車来るまで声掛け見守る 大宮西署が感謝状(埼玉新聞・2018/1/5)
※ AEDの使い方、応急処置の方法などが記載されている。
★ 横浜市消防局
 

85歳の男、歩行者をはねる 東京・武蔵野(2017.10.20)

 
 10月20日午後2時すぎ、東京都武蔵野市吉祥寺本町で、車が歩行者をはねる事故があり男女7人がけがをした。警視庁武蔵野署は車を運転していた男(85)を自動車運転致死傷処罰法違反(過失運転致傷)の現行犯で逮捕した。
 
 現場は繁華街であり、一時現場は騒然としたという。男は現場前のデパートの地下駐車場から出てきて路線バスに接触、そして横断歩道上の歩行者などをはねた。
 
 ここの地下駐車場では警備員の方が歩行者を優先させて通行させ、近くの信号機の動きに合わせて自動車を地上へ誘導している。神経の使う仕事であるが、時に警備員の指示に従わない歩行者や車もいて見ていてハラハラすることがあった。
 
 昨今の報道で高齢者の運転手による事故が目立つ。筆者も駐車場でぶつけて止まった自動車を見たことがあるが、運転席から出てきたのは杖をついて歩く高齢者であった。この車にブレーキアシストのような機能が付いていればよかったが、残念ながら古い車であった。
 
 車が古いことも人間が高齢になることも悪いことではない。ただ、運転能力に陰りを感じたら自らがハンドルを握らない選択をするべきである。それを後押しするためには、地域交通の充実ぶりや免許証卒業証明書のようなものの拡充が求められる。
 

☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 車が歩行者はねて7人けが 85歳容疑者逮捕 吉祥寺(朝日新聞デジタル・2017/10/20)
 

軽井沢の事故

 長野県軽井沢というと避暑地として有名である。以前は東京から軽井沢に向かうためには、関越自動車道を使って藤岡ICで降り、国道18号を通って軽井沢に向かう方法しかなかった。群馬県安中市・長野県軽井沢町の県境には碓氷峠があり、曲がりくねったカーブの多い場所で季節によっては渋滞していた。スピードの出し過ぎのためか、山の斜面に乗り上げて動かなくなっていた車や事故車も目撃したことがある。
 
 1月15日、東京から長野県内に向かっていたスキーツアーのバスが、この峠道でガードレールを突き破り転落する事故が起きた。乗員乗客合わせて41人のうち、男性運転手2人と乗客12人の合わせて14人が亡くなった。長野県警軽井沢署では、急ハンドルを切ったことによる事故として捜査をしている。
 
 2012年のゴールデンウィークには、群馬県の藤岡IC付近でツアーバスが運転手の居眠りにより衝突し、7人が亡くなる事故が起きている。この事故では関連会社による無点呼や、運行指示書の無作成などの法令違反が多数見つかっており、関連業界による法令遵守が改めて徹底されたはずであった。
 
 バス業界は規制緩和による新規参入が相次ぎ、「格安バスツアー」が多く企画されることとなった。その一方で、一線で働く運転手の労働環境の悪化や整備不良、そして一部の事業所による法令無視の管理体制が露呈することとなった。
 
 今回の軽井沢の事故でも、運転手に対する健康診断や点呼がなされていなかったことが発覚しており、予定されていたルートではない道を走行していたことが明らかになっている。なぜ、違う経路を使ったのか解明されることになるだろう。
 
 どれだけ立派な法令が整備されていても、悲しい。それは、法を運用する側に問題意識や危機意識がなければ、明文化された規則というのは無力であるからだ。
 
 亡くなった12人の乗客は全員大学生である。突然、何の落ち度もない12人の若者の未来が、いのちと共に奪われてしまったこと、それが何よりも一番悲しいことである。
 
  

 
★ 首都大学東京
★ 東海大学
★ 東京外国語大学
★ 東京農工大学
★ 広島国際大学
★ 法政大学
★ 早稲田大学

 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 

日航ジャンボ墜落事故から30年 風化をなくすために

 
 帰省ラッシュと夕刻ということもあった。多くの乗員乗客を乗せた日本航空123便(現在は欠番)は、静岡県内などを迷走飛行した後、群馬県上野村の通称「御巣鷹の尾根」に墜落した。4人が奇跡的に救出されたが、520人の方たちは亡くなった。墜落時の機体の激しい損傷により、未だにその亡骸が分からないままの人たちもいる。
 
 人の記憶というのは曖昧である。かつて123便墜落事故の発生時のことを「18時台のニュースの終わりに知った」と思っていた。キャスターが「埼玉県内の山頂で火の手が上がっている模様です。現在、埼玉県警秩父署員が現場に向かっています」と言っていたと前に書いた。しかしどれだけ調べても、第一報は19時台のニュースであり、18時台に速報を伝えた報道機関は見つからなかった。
 
 事故直後の日本航空は激しい批判に晒されていた。事故の3年前に同社の350便が羽田航空沖に墜落する事故があり、操縦桿を握っていた機長の精神疾患が判明、123便の墜落事故も「また同じことではなかろうか」と考えられた。
 
 しかし実際は、操縦不能となっていた機体を立て直そうと、コックピットでは努力奮闘されていたことが後に公になっている。機長の遺体を判別できたのは、4本の歯だけであった。
 
 その他の乗客の身元を照合する作業も困難を極めた。真夏の出来事であり、亡骸の損傷の激しさに加え、DNA鑑定なども確立していなかった時代である。血液型、歯形、所持品、ほくろや手術痕などから特定するしかなかった。
 
 多くの人命が失われた事故を風化させないために、日本航空はもとより、遺族の方たちもその想いを様々な形で継承していく。子供を失った遺族同士が連絡を取り合う、会ったことのない父のために毎年御巣鷹の尾根に登山をする娘。遺族でありながら、パイロットであった父と同じ道を歩んでいる女性。
 
 こうした事故は、人による明確な加害行為であったわけではないが、責任や悲しみが一生ついて回る悲惨な事故。このような事故が起きた事実を後世に伝えなくてはならない。
 
 それは当事者だけではない。記憶は風化し曖昧になる。同じように航空機や鉄道や自動車に乗る者として肝に銘じなくてはならないことがある。それは、忘れたい悲しみと、忘れることのできない悲しみがあるということである。

  
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ JAL123便 フラッシュ(音が出ます)
★ 御巣鷹の尾根近くで灯籠流し、御嶽山の遺族も参加(TBS NEWS・2015/8/11)