オノ・ヨーコ「いじめに負けないで」

 
 来日中の故・ジョンレノンの妻、オノ・ヨーコさんが日本国内で起きている「いじめ問題」に言及した。
 
 ジョンレノンをビートルズから引き離した、として当時は「世界全体からいじめられた」「(いじめは)非常に程度が低いこと。他に面白いことができればいじめることに面白さを感じなくなる」。いじめの被害者には「一生懸命になれることを探すことが大事。頑張ってください」とコメントしている。
 
 いじめが社会問題化してから、いじめ防止対策に取り組んでいる学校もあるが、悲しい事件は後を絶たない。昔は「いじめられる側にも非がある」などといった見当違いの意見も出ていた。いじめを制圧できない者の短絡的な意見だった。
 
 そして「いじめ」というとどうも生ぬるい感覚が拭いきれない。直接的・間接的暴力がいじめである。以前のエントリで「ストーカーなんて『変質者』で十分だ」という主旨の事を書いた。ひらがなで「いじめ」とくくるよりも「暴力」という認識を持った方がいい。いじめというのは暴力沙汰なのである。
 
 人をいじめる原因は、いじめる側が自分を先に優位に立たせる防御策なのかもしれない。一時期は加害者が優位に立っても、後からついてくる人もいなければ、何も残らないのが「暴力」である。なぜなら、民主的に解決した方がいい、心の中でそう思っている人のほうが多数派だからだ。
 
 命を絶とうと考えている人がいるならば、近くにいる「オノ・ヨーコ」さんを必死になって探してください。まずやらなくてはいけないのはそういうことです。
 
 
☆ 目を閉じれば生きるのは簡単。目にするモノは誤解だらけ。(ジョンレノン)
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ ヨーコさん:いじめに負けないで!(毎日新聞・06/11/3)
 
 

(Visited 17 times, 1 visits today)

オノ・ヨーコ「いじめに負けないで」」への2件のフィードバック

  • 2008-11-09 @ 6:15 PM
    パーマリンク

    オノヨーコは 学歴があり 学んだ 割には
    学習 能力がない 言う事に 宗教的な
    事感じる 人は 色んな ルールがあって
    入っては いけない 者ってあると思うのに
    いけない場所に ずかずか 入り込んで
    いじめは 悪いなんて なんか 金持ちの
    世間知らずは 本当に おかしい 逆の
    立場で 自分が やられた事考えれば
    ビートルズという 洗練された 輪に 自分が いていい 立場かどうか わかるはず

    返信
  • 2008-11-21 @ 7:02 PM
    パーマリンク

    >ももこさん
    コメントありがとうございます。
    人が意見を言うときに宗教的な詞が並ぶことは至極当然のことです。
    感覚的な言葉だけでは人を納得させることは困難です。
    金持ちが世間知らずというのも、ステレオタイプな発想ではないでしょうか。
    何故なら、貧乏人が世間を知っているとも限らないからです。
    人を愛し、愛された二人ですから、本当に二人のことを知ることを客観視するのは難しいと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA