男5人組?サル山に花火を噴射、2匹けが 福知山市動物園 京都府警が捜査

 福知山市猪崎の福知山市動物園のサル山に今月3日、何者かが花火を投げ込み、ニホンザル2匹がやけどをするけがを負った。
 
 動物園によると、サル山の周囲に花火の燃えかすが多数落ちているのを飼育員が発見。その後、雄ザルと子ザルの2匹が顔などにやけどをし、多くのサルの体毛が焦げていることが分かった。
 
 二本松俊邦園長(66)は「いたずらでは済まされない悪質な行為」と語っている。同園から約100メートルほど南の三段池公園内にサル山は独立しており、ニホンザル26匹が飼育されている。事件以降、サルたちは精神的に不安定な様子を見せている。
 
 防犯カメラには犯行の一部始終が映っており、3日午前6時すぎ、真っ暗なサル山に強い光が襲った。5人組はサルたちの寝床に執拗に花火を投げ込み、その時間は15分にも及んだという。その光に照らされて一瞬5人の姿が映り混み、背格好から男5人組と見られている。
 
 京都府警福知山署は建造物不法侵入、器物損壊容疑で捜査を始めている。落ちていた花火から購入先を割り出す方針。
 
 「器物損壊容疑」というのはサルたちに対することなのであろう。サルはこれにより人が来ることによって怯えてしまうかも知れない。動物が「器物」扱いになることはしばしばあるが、動物愛護法違反も適用すべきである。 
 
 同法第44条で「愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する」とある。愛護動物とは「ウシ、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、家うさぎ、鶏、家鳩及びアヒル」のほか、「人が占有している動物でほ乳類、鳥類又はは虫類に属するもの」となっている。
 
 無抵抗な動物に危害を加えて喜ぶ輩は不気味である。そしてこれまで発生した凶悪事件から、動物虐待が人間へと移るケースが多くある。神戸の連続殺傷事件や最近では埼玉の連続通り魔で逮捕された少年もそうした前兆を持っていた。卑怯な人間は裁かれなくてはならない。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ サル山に花火、2匹けが 福知山市動物園 5人組侵入(京都新聞・12/1/9)
★ サル山に花火投げ込まれヤケド 京都(日テレNEWS24・12/1/9)
 
★ 生命体の差別 花が被害に遭う事件が相次ぐ(本ブログ・08/6/23)
★ 天王寺動物園の強盗は狂言 店員の女を逮捕 大阪府警(本ブログ・09/9/9)
★ 障害抱えたトラ「タイガ」死ぬ 見捨てずに育てた釧路市動物園(本ブログ・09/8/25)
 
★ 動物の愛護及び管理に関する法律(政府の電子窓口)
 
 

(Visited 175 times, 1 visits today)