岐阜・長野県境の御嶽山が噴火(2014/9/27)

 
 「雪であれば目の前が雪で見えなくなる『ホワイトアウト』があるが、今回は『ブラックアウト』という感じで夜より暗かった」。たまたま取材をしていたNHKディレクター男性の言葉である。
 
 岐阜・長野県境に位置する御嶽山(おんたけさん・3067メートル)が噴火した。噴煙が立ち上り、たちまち登山者を襲った。下山者は「降灰や小さな意思などが降ってきた」「ヘッドライトをしても前がほとんど見えなかった」「熱くて死を覚悟した」などと恐怖を語った。
 
 現地当局によると、27日17時の時点で11人が負傷、そのうち7人が意識不明になっている。
 

 長野県警災害警備本部によると、午後2時20分時点で山頂に約150人以上、剣ヶ峰付近で100人以上が取り残され、数人が灰に埋まっている状況だという。救援を待っている人のうち、1人は足の切断が必要な状況であるという。(毎日新聞・14/9/27)
 
  安倍晋三首相は27日夕、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山の噴火を受け、被災者救助や登山者の安全確保のため自衛隊の現地派遣を指示した。官邸で記者団に明らかにした。(産経新聞・14/9/27)

 
 長野県木曽郡の28日日曜日の天気は晴れ、最高気温は29度。岐阜県下呂市は晴れのち曇り、最高気温27度。救助活動が円滑に行われる事、救護を必要としている人に早い手当てがなされる事をお祈りしたい。救助に当たる当局の方たちもお気を付けてください。
 


 

 
★ 昨今の事故にみる「山岳救助警備隊」の存在(本ブログ・09/9/23) 


(Visited 12 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。