16歳と14歳の姉妹にわいせつ容疑で中学臨時教員の男を逮捕 神奈川県警(2010.6.10)

シェアする

 神奈川県警少年捜査課などは、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、横浜市港北区新吉田東の市立新田中学校臨時教員の男(25)を逮捕した。男は「18歳未満とは知らなかった」と容疑を否認している。携帯サイトに「16歳です。連絡ください」との書き込みをみて、市内の無職少女(16)と妹の女子中学生(14)に現金6000円を支払い、わいせつ行為に及んだ。自分からアクセスしておいて、「知らなかった」とは稚拙な理由で情けない。
 
 脅迫でも受けていたならともかく、この手の事件で”買われる”女子生徒に注意を促したい。大事な身体を飢えた大人の男に売り渡してしまうとは、自分に対して誇りというものを持つべきだ。「私はそんな簡単な女ではない」というプライドを持って欲しい。金額の問題ではないが、たかだか6000円のために知らない男と会ってはいけない。くだらない欲望の受け皿になるべきではない。
 
 それにしてもこの手の事件を起こす男は羨ましいと思う。なぜかというと、お金や時間というコストをたくさん持っているからだ。携帯サイトのあやしい書き込みを探すコスト、実際に女の子に会うコスト、女の子に支払うコスト、そして、警察に捕まっていることのできる時間である。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
★ 買春容疑で中学臨時教員を逮捕 14.16歳姉妹相手に(産経新聞・10/8/10)
 
 

(Visited 302 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。