空中で扱えるマウス

シェアする

 以前、パソコン教室の講師から聞いたお話。中高年対象の初心者パソコン講座でマウスの操作方法を教えることになった。マウスの持ち方を教えるときに、受講者に背を向けてホワイトボードをデスクに見立て、マウスの持ち方や動かし方を示して見せた。何気なく振り向いて驚いた。受講生全員が、”講師が示すとおりに”、空中でマウスを持って円を描いたりしていたという。
 
 しかし、この話が現実的になりうる”空間マウス”が登場している。バッファロー社の「BOMU-W24A/BL」がそれだ。机上でも使えるが、ジャイロセンサーを内蔵し、何もない空中で通常マウスと同様の操作を行うことができるという。通信距離は最大で10メートルであり、アクティブなプレゼンテーション展開が期待できる。
 
 ボタンは6つあり、機能を割り当てることが可能であるうえ、PowerPointやMediaPlayerに対応した機能設定が可能だ。重量は135グラムで一般的な携帯電話くらいである。対応OSはWindows98SE/Me/2000Professional/XPとなっている。
 
 以前プレゼンテーションでワイヤレスマウスを使ったが、ノートPCのそばから中途半端に離れると操作がしづらい状況になったことがあり、この”ジャイロセンサーマウス”は有効活用できそうだ。
  
  
☆ 好きなようにしていいといわれると、人はたいてい真似し合う(エリック・ホッファー)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 空中で扱える”ジャイロマウス”登場–バッファロー(ITmedia・06/11/15))
 
 

(Visited 17 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。