日本マクドナルドに残業代支払い命令 「店長は管理職ではない」

 都内のファーストフード店で実際にあったこと。不規則勤務でバイトがいなければ穴埋めをして働くのは店長であった。忙しい日が続いていたが、ある日「具合が悪い」と言って制服姿のまま帰宅、翌日出勤してこないのを不審に思った社員が自宅まで行ってみると、制服を着たまま冷たくなっていた。
 
 エリアマネージャーは店長がいないことを不思議がったが、社員達は口を閉ざしたまま。社員を問い詰めると亡くなったことを白状した。なぜこの会社が社員達にかん口令を敷いたのかは疑問だ。人ひとりが死んでいるのに事実を闇に葬った。
 
 ファーストフード店の社員、とりわけ長ともなると、実際の営業現場を任される。バイトが足りなければ休日など皆無の状態もある。雇われている身でもあり、なかなか反旗をひるがえすわけにもいかない。
 
 埼玉県内のマクドナルドの直営店店長が、管理職とみなされて残業代を払わないのは違法だとして本社を訴えた裁判が東京地裁であった。裁判官は「店長の権限は店舗内に限られており、経営者と一体的な立場で事業を行う管理職とは言えない」とし、755万円ほどを支払うように日本マクドナルドに命じた。
 
 訴えた店長は会見で「こういう判決がもっと早く出ていれば、過労死した仲間を救えた」と言葉を詰まらせた。風邪や寝不足で意識がもうろうとしている状態で、食の安全は保証されない。接客で大切な笑顔も作れない。しかし日本マクドナルド本部は「スマイル0円」を打ち出し、タダで笑顔を店長に強要していたのだ。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ マック店長の管理職扱いは違法、残業代など支払い命令(読売新聞・08/1/28)
 
 

(Visited 22 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。