3人心中被害者出したヤミ金幹部の時効成立 大阪・八尾市の恐喝事件で大阪府警

 大阪府八尾市で03年6月、清掃作業員夫婦ら3人が、ヤミ金業者の取り立てを苦にして電車に飛び込み心中した事件で、大阪府警に恐喝容疑で指名手配されていた、ヤミ金融グループ元幹部・K容疑者(30)の公訴時効が22日午前0時に成立した。大阪府警は近く大阪地検に書類を送って捜査を終える。
 
 大阪府警など警察当局は、これまでに59人を出資法違反容疑などで摘発したが、K容疑者の消息だけはとうとうつかめなかった。
 
 一連の事件の捜査は首謀者である男の公訴時効を迎えたことで終結する。非常に歯がゆいが、捜査当局に期待するとすれば、今後同様の被害者が出ないようにヤミ金業者の摘発に尽力してもらいたいということだ。
 
 刑事事件としては裁けなくなったが、民事裁判として不法行為に基づく損害賠償請求を遺族はすることができる。この場合、請求側が不法行為を知ってから20年以内に告訴する必要がある。
 
 この容疑者には別の嫌疑で捕まえて欲しい。こうした輩はまた似たような犯罪に手を染めることだろう。時効を迎えられて「ラッキーだった」くらいにしか考えていないはずだ。犯罪者であり続ける限り幸運など続くものか。
 
  
★ 取り立て苦の3人心中、ヤミ金元幹部の時効成立(読売新聞・11/6/22)
★ 恐喝:ヤミ金元幹部の公訴時効が成立 主婦ら3人心中(毎日新聞・11/6/22)
 
★ 3人心中被害者出したヤミ金幹部、容疑者への時効迫る 大阪・八尾(本ブログ・11/6/10)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 9 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA