大阪ひき逃げ、22歳男逮捕 引きずりで「未必の故意」 大阪府警(2008.11.5)

 大阪市北区の阪神前交差点で、道路を横断していた会社員の男性が車に約3キロ引きずられて死亡した事件で、大阪府警交通捜査課と曾根崎署の捜査本部は、逃走していた住所不定、元建築会社社員でホストの男の容疑者(22)を殺人、自動車運転過失傷害、道路交通法違反(無免許運転)の疑いで逮捕した。容疑者は「酒を飲んで無免許で運転していたので、警察に捕まると困ると思い、必死に逃げた。殺してしまったことに間違いありません」と容疑を認めている。
 
 調べによると男は10月21日午前4時19分ごろ、大阪市北区梅田1の国道176号、「阪神前交差点」を横断していた堺市東区の会社員の男性(30)と接触、救護措置をとらずに男性を車体の下に巻き込んだ状態で約3キロに渡って逃走し、殺害した疑い。引きずられた男性は福島区内の路上で発見されたが、後頭部の骨折などで死亡していた。
 
 大阪府警交通捜査課と曾根崎署は路上に付いた血痕の痕跡などから、男が男性を振り払おうと蛇行運転していたと見ており、そのまま逃走すれば男性が死に至ることは推測できた「未必の故意」があると判断、殺人容疑も視野に入れて調べていた。男は「ひきずったまま走れば、死んでしまうことは分かっていた」と、殺意についても認めているという。
 
 捜査本部では大阪市此花区内にある不審な黒のワゴン車を発見、市内の建築会社社長が所有しており、事件当時に乗っていたのは同社社員であった男であったことが判明。事件後に突然、退職届を会社に郵送して行方不明になっていることから、事件に関与した可能性があるとして行方を追っていた。
 
 捜査本部では延べ900人の警察官を動員。男性が発見された福島区吉野を起点に、同区内や隣接する此花区などで「黒いワゴン車」を1台ずつ調べる「車あたり捜査」を実施、此花区内の建築会社駐車場にあった容疑車両を発見した。車種はトヨタの「イプサム」で、車の底部には不審な傷などがあり、慎重に検証をしていた。車両は事件後も同社で使われていたという。
 
 5日午前3時55分、大阪・ミナミのラーメン屋から出てきた男は、大阪府警の捜査員に取り押さえられた。任意同行を求められた男は当初はひき逃げ容疑を否認していた。捜査本部として最悪のシナリオは「容疑者の自殺」、ということだったが、実際には男は建築会社を辞めて、ミナミでホストとして働いているという事実だった。
 
 男の逮捕を受けて、男性の弟の会社員(25)は、「もう少し時間がかかると思っていたので、まず驚いたというのが率直な感想。まずはひと安心しました。これで兄に『ゆっくり休んで欲しい』と伝えられる。男に対しては、『社会的責任をとって、遺族の気持ちを理解して欲しい』と言いたい。兄、遺族に対して謝罪の言葉が欲しいと思います」とコメントした。
 
 また、男性が勤務していた会社も「警察の懸命な捜査により容疑者が逮捕されたとの報を受けましたが、男性の元気なお姿をもう見ることはできません。改めて今回の痛ましく無惨な事件に強い憤りを感じます」とコメントを出した。
 
 無免許で飲酒運転とはいえ、最初の接触事故で適切な対応をしていれば最悪の事態は防げた。男性は亡くなる必要がなかったうえ、この男も殺人犯にならずに済んだ。飲酒運転はいけない、交通ルールは守らなければいけない、そうは言っても、規範意識のない者にその言葉が通じないのが何とももどかしい。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。  
★ 大阪のひき逃げ、無免許22歳逮捕…「何が何でも逃げる」(読売新聞・08/11/5)
★ のうのうとホストに転身、大阪ひき逃げで逮捕の22歳男(産経新聞・08/11/5)
 
↓発見された容疑車両(大阪市此花区内)↓ suspected_car
 
 

(Visited 124 times, 1 visits today)

大阪ひき逃げ、22歳男逮捕 引きずりで「未必の故意」 大阪府警(2008.11.5)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA