50代女性、娘夫婦の子供を出産

 50代後半の女性が娘夫婦の代理母となって昨春出産したことを、諏訪マタニティークリニックの院長が明らかにした。
 
 娘は子宮がんにより子宮を摘出した。院長と女性、娘夫婦が入念に話し合った結果に子供が生まれたという。院長は「実母による代理出産は、子供の引き渡し拒否や補償の問題が起こりにくい」 とした。また、タレントの向井亜紀さん夫婦が代理母出産の裁判を公表したことにも「触発された」といっている。
 
 日本では法整備が整っておらず、日本産科婦人科学会の指針で代理出産を禁止しているだけだ。法的罰則はない。
 
 子供は法律上は産んだ「祖母」の実子となるが、娘夫婦が養子縁組をしたという。そして遺伝上は娘夫婦の子供である。戸籍上、娘夫婦の子供となった。
 
 87年に実母の代理出産で娘夫婦が子供を授かった例が南アフリカであるそうだ。随分と昔からあったようだが、その時に日本はこの件について議論がなされなかったのだろうか。
 
 男性は「元気」であれば、半永久的に子供を作ることができる。女性は年齢や子宮疾患でその機会を奪われる可能性がある。子供が欲しいと願う夫婦に法整備が遅れているのはもどかしい。代理母出産を認めている国と禁止している国。どっちつかずでは、実際に誕生している子供に何と説明すればよいのだろうか。
 
 ところで「日本産科婦人科学会」の会員に女性の名前がないことが気になる。
 
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 50代女性が代理出産、娘夫婦の受精卵で 国内初(朝日新聞・06/10/15)
★ 財団法人 日本産科婦人科学会 
★ 東京・品川区長が抗告(本ブログ・06/10/11)
 
 

(Visited 25 times, 1 visits today)

50代女性、娘夫婦の子供を出産」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA