日本のODA

 スマトラ島沖で発生した巨大地震は深刻な被害をもたらした。そんな中、日本の公的支援で作られた防波堤がモルディブの首都マレを守った。
 
 「日本の支援がなかったら、マレはなくなっていただろう」――。モルディブの人口の約3分の1が住む首都マレでは、日本からの公的支援で建設された防波壁が、島を津波の大惨事から守ってくれたとの見方が広がっている。(毎日新聞)
 
 日本人記者がタクシーの運転手に尋ねたところ、即答で「日本のおかげだ」と帰ってきたという。こういう形で支援できて、それが役に立っているというのは我々日本人も嬉しい。この運転手は「お世話になった日本人からはお金はいただけない」とタクシー運賃を断った。
 
 その一方で日本のお隣の大国はODA援助のことを国民に全く知らせておらず、その国民は誰も日本の援助があることなど知らないのである。
 
 そればかりか、日本の排他的経済水域に侵入、先日は軍艦までも侵入してきた。日本をバカにしているのである。こういう国に援助するのはもう今年度でやめた方がいい。恩を仇で返されるというのはこのことである。
 
 周りにもいませんか?恩を仇で返すような人。勿論見返りを期待して人に親切にしているわけではありませんが、そんな人には「100円貸して」と言われても断りますね。
 
 
 
 

(Visited 31 times, 1 visits today)

日本のODA」への1件のフィードバック

  • 2004-12-29 @ 2:34 PM
    パーマリンク

    パプアニューギニア マナム火山活動激化
    各地に、甚大な災害が発生していますが、NHKはじめ日本の報道機関は、充分それを伝えているのでしょうか。
    パプア ニューギニアでは、マナム火山の噴火活動が活発化、この12月19日、噴煙を一万五千メートルまで吹き上げ、火砕流が発生した模様。(ラバウル火山学観

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA