エレベータの事故 シ社製(2006.6.7)

 むかしエレベータの保守点検会社の社員のかたに話を聞いたことがある。エレベータというのは法律で定期点検が義務付けられているが、実際にエレベータが壊れることはほとんど無い、と。
 
 だから東京・港区のシンドラー社製エレベータの事故は信じられなかった。それも、箱を吊しているワイヤーが切れた、といった素人でも分かりやすそうな事故ではなく、扉が開いている最中に、人が出入りしているときに動き出してしまったという信じがたいものである。
 
 同社製のエレベータの不具合は全国でも報告されており、「異音がする」「閉まらない」「開かない」「停まらないで昇降を続けた」という実態だ。こうした事態に対し、シンドラー社は公的なコメントを出さないでいる。一昨日のエントリでも書いたが、会社というのは法律に則って存在しているのであり社会的責任がある。人の命を奪っておいて、あまりにも無責任な対応に驚くばかりだ。
 
 エレベータの事故など考えたこともない。それだけ当然の存在で重要なものなのだ。マスコミから逃げている同社からも異音が聞こえてきているようでならない。
 
 
☆ なぜベストを尽くさないのか?(ハイマン・リッコーバー)
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ エレベーター事故:「シンドラー社」など6カ所を家宅捜索(毎日新聞・06/6/7)
★ エレベーター事故:製造会社、説明会出席を拒否 住民怒る(毎日新聞・06/6/7)
 
 

(Visited 50 times, 1 visits today)

コメント

  1. 暇つぶしブログ より:

    シンドラー社製エレベーター事故

    警視庁シンドラー社を業務上過失致死で強制捜査へ。
     日頃から小さなトラブルが多く、まともに動く日はないそうです。事故のあったマンションのエレベーターは、過去3年間に少なくても41件のトラブルがあったようです。
    全国で起きているトラブルをこち …

  2. シンドラーエレベータ社の対応

    シンドラー社の関係先を家宅捜索 エレベーター死亡事故 (朝日新聞) – goo ニュース

    昨夕TVを点けたら丁度シンドラーエレベータ社に強制捜査が入った事を映していた
    3日7時20分頃港区のマンションでエレベーターから降りようとした高校2年生(16歳)が突然 …