欽ちゃん、茨城ゴールデンゴールズを解散

 
 極楽とんぼ山本圭一が、未成年と飲酒をしてわいせつ行為におよんでいたことで、吉本興業をクビになった。
 
 驚いたのが、彼が所属していた「茨城ゴールデンゴールズ」監督、萩本欽一さんが「チームを解散する」と発表したことだ。欽ちゃんいわく、「山本だけの責任じゃない。大好きな野球だけどやめることにしました。みんな、ごめんな」。これに対して、周囲やファンからは驚きの声が上がっている。
 
 欽ちゃんは根っからの野球好きとして知られ、「もう一つの甲子園」と言われている定時制高校の野球大会(東京・神宮球場)に毎年足を運んでいることは有名だ。それゆえに野球に対する信念というものがあるのだろう。
 
 草の根活動が地域に貢献し、社会人野球に貢献し、野球界にも話題を振りまく。小さな組織からスターが出ることも珍しくない。欽ちゃんはお笑いで多くの人材を育ててきた。解散という決断も、欽ちゃんの哲学に照らし合わせたことに違いない。
 
 不祥事を起こせば、これだけ多くの人に迷惑がかかるという認識が薄いのが一部の大人たち。ましてテレビに出る人間であれば、そうした規範意識は強く持っていないといけない。
 
 欽ちゃんが野球をやめるという決断は、山本にとって自分が吉本をクビになることよりも驚いたことであろう。彼はわいせつ行為の被害者のみならず、こうした人たちに対しても罪を償わなければならない。
 
 茨城ゴールデンゴールズの関係者はチームの存続のための署名活動を始めた。やめないで、というファンの声も多い。お笑いの世界で走・攻・守、均等のとれた欽ちゃんがした決断。その決断は尊重したい。しかし、お笑いも野球もお客さんあってのこと。ファンの声にもう一度耳を傾けていただきたい。
 
 
☆ 他人の過ちから学ぶことが必要だ。自分でそれらすべての過ちをするほど長生きはしないのだから。(ハイマン・リッコーバー)
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 欽ちゃん泣いた 茨城GG解散へ(毎日新聞・06/7/20)
★ [会見] 山本の責任をとり欽ちゃん球団解散へ(7月26日まで配信) Yahoo!ニュース・エンターテイメント
 
 

(Visited 23 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA