雨の日始まる

 コンピュータ技術の進歩で老若男女、誰もが享受しているものがテレビの天気予報ではないだろうか。昔のそれといったら、日本列島が描かれた手作りボードに「晴れマーク」や「傘マーク」をお天気お姉さんが「ペタッ」と貼る方式だった。
 
 それが今ではコンピュータグラフィック(CG)を駆使し、立体的に雨の強さが分かったり、降水確率も細かく教えてくれる。
 
 そればかりか、行楽地のお天気、洗濯指数、花粉情報など、お天気にまつわる話題を提供してくれる。「髪の毛乾き指数」「靴のムレ具合指数」「化粧のノリ指数」など出てきてもおかしくない勢いだ。
 
 気象庁が10日、関東甲信越地方が梅雨入りしたと発表した。これから約1ヶ月は雨の生活とつきあわなければならない。そのあとに来る楽しい(?)夏のために我慢しよう。
 
 
☆ 晴れか雨かも知らずに1日を過ごすのってなんか寂しいですよ 。(矢田亜希子・天気予報ニュースが好きな理由)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 

(Visited 11 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA