公用語に日本語がある 唯一の場所

 ネットサーフィンをしていたら、パラオ共和国という国を見つけた。人口20000人ほどの小国で海のきれいな島国。 場所は小笠原諸島から南下し、グアムとフィリピンの間にある200の島からなる国である。
 
 ここの面白いところは、アンガウル州(人口200人)というところの公用語が、パラオ語、英語、そしてなんと日本語があるということだ。世界で唯一、日本語の公用語指定のある場所。ちなみに日本に「公用語を日本語とする」というような規定はなく、裁判所法で「法廷では日本語を用いる」とあるだけだ。
 
 日本が統治していた歴史的背景からそうなっており、日本人の移住の結果、昭和18年には国内の4分の3が日本人となった。1964年から選択科目として日本語を取り入れ、パラオ語の中にも「ベントウ」「アブナイ」「ヤクソク」などは現地語として使われているとか。
 
 しかし、近年の国勢調査では同州の日本語話者はゼロ。ただ、パラオ国内では年配のかたで日本語を流暢に話す人がいるようだ。 そして日本人のような名前や、日本に関係する施設があったりし、親日国家であることは間違いなさそうだ。
 
 パラオのような、これといった大きな資源もない小国は観光が国の財源になっている。その代わりにきれいな海、青い空、珊瑚礁、照りつける太陽は遮るものはないだろう。きっと東京の太陽とは色が違うはずだ。
  
 
☆ 私たち一人一人が航海しているこの人生の広漠とした大洋の中で、理性は羅針盤、情熱は疾風(A・ポープ)
  
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ Constitution of the State of Angaur
★ パラオ政府観光局
★ パラオ(Wikipedia)
 
2011年2月22日追記:
 アメリカCIAのサイトにパラオ共和国の公用語としてアンガウル州は、「アンガウル語、日本語、そして英語が公用語である」と書かれており、「Ethnologue」というサイトにも同州公用語に日本語があることが書かれています。
 
★ World Fact Book :Languages(CIA)
 

Source: memepix.com via MemePix on Pinterest

(Visited 11 times, 1 visits today)

公用語に日本語がある 唯一の場所」への2件のフィードバック

  • 2007-09-24 @ 8:32 AM
    パーマリンク

    > アンガウル州(人口200人)というところの公用語が、パラオ語、英語、そしてなんと日本語があるということだ。世界で唯一、日本語の公用語指定のある場所。
    えーと、これを証明する一次資料(州法など)は確認できていないと思います。誤りである可能性もあります。Wikipedia には誤りも多いので注意した方がよいです。

    返信
  • 2007-09-25 @ 12:38 AM
    パーマリンク

    >Palauanさん
    ご存じのように、Wikipediaをはじめとして、ネット情報は必ずしも正確だとは言えません。常に真偽の見定めは慎重になっております。
    アンガウル州の公用語については、英語版Wikipediaの「世界の公用語リスト」及び、「アンガウル州」にも「日本語」が記載されていました。
    紙メディアと違って査読を通っていないネットの情報ですが、Wikipediaの編さん者も悪意を持って書き込んでいるとも思えないこと、パラオの歴史的背景から公用語に日本語があっても不思議ではないこと、以上の点からおおよそ正しいと推測しました。
    ★ Angaur (Wikipedia)
    http://en.wikipedia.org/wiki/Angaur
    ★ List of official languages by state (Wikipedia)
    http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_official_languages_by_country
    ★ パラオ共和国(通信用語の基礎知識)  
    http://www.wdic.org/w/GEO/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA