TOEIC990点を23回取り続けた男は引きこもり期間7年で英語を勉強「英語に王道はなし!」

シェアする

 英語を習得しようと勉強している人は多いが、TOEIC990点満点を23回連続で取得した引きこもりだった男がいる。彼が引きこもった理由は明らかではないが、93年から7年間”隠居”状態でひたすら勉強をしたのである。 
 
 彼の名前は菊池健彦さん。海外渡航歴などない彼は1日12時間を英語の勉強に費やした。発音はネイティブと比べると「ギャップがある」とし、「読むことなら100%バイリンガルになれると思った」というからポジティブな思考の持ち主である。
 
 どの分野においても王道はないと言われるが彼も「ひたすら単語を繰り返し覚えた」とし、「英語から日本語」、「日本語から英語」を覚えるまで読んだ。しばらくするとすぐ忘れるが、それでも何度もそれを繰り返した。
 
 リスニング、スピーキングも「ひたすら繰り返して聞く」を徹底し、「同じ発音になるまで繰り返し発音した」という。まさに努力のたまものだと言える。
 
 この中で共感できる部分がある。「英語から日本語」「日本語から英語」という部分だ。中学校のころに通っていた学習塾でこれをやらされた。教科書の1ページの英文をまるまる書き取り、それを和訳していく。今度は和訳したものを英訳する。当時の先生も「地味だけど効果的」と言っていたが、それが奏功して英語のテストは楽々高得点を取れた。
 
 世の中には英語を学習するための教材があふれている。書店の英語コーナーは他の外国語よりもうんと多い種類が置いてあるし、ネットでは無料で学習できるサイトも豊富だ。英文を聞き取るのもテレビやラジオ、そしてネットで無料で聴くことができる恵まれた時代である。
 
 この菊池さんのように、本気で勉強する気があればきっと成功へのステップとなるだろう。ここまで読んで「1日12時間も勉強する暇などない!」という人がいれば、きっとその人は1日30分すら勉強しない人に違いない。言い訳を見つけては安心する。安心していてできる成功などないのだ。
  

☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 引きこもり期間7年に英語を勉強 TOEIC990点23回取り続けた男(s-woman.net・11/1/13)
 
 

(Visited 64 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。