セブンイレブンの電子マネー「ナナコ」

 どのコンビニでも、EdyやSUICAといった電子マネー決済ができるようになっていたのが、セブンイレブンだけここに来て独自の電子マネーを登場させた。
 
 前払い式(プリペイド)の電子マネーは「ナナコ」という。しかし疑問がある。セブンイレブン以外での互換性がないということだ。イトーヨーカ堂やJCB加盟店でも順次使えるようになるというが、SUICAやPASMO、Edyも使えるようになると便利だろう。独自の電子決済を使って客の囲い込みを図りたいのは分かるが、いろいろなカードを持つのは不便だ。その点、SUICAとPASMOは非常に便利になった。
 
 徐々に、現金を持ち歩かなくても、携帯電話だけで事が済むようになってきた。持ち合わせが無くても気軽にチャージ(入金)できるのは非常に便利だ。こうなると、うかうか携帯を無くしたりすることができないので注意が必要だ。
 
 ネットの株取引やショッピングが日常になり、携帯を持ち歩けば買い物ができる。お金の重みが次第に薄れてきている現代だ。「現金な」という日本語が消える日も来るかもしれない。
 
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 電子マネー「ナナコ」、4月23日からサービス開始(読売新聞・07/3/28)
 
 

(Visited 6 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA