日の出を知らない子供たち

 自然体験の調査に、「生まれてから一度も日の出、日の入りを見たことがない」と答えた小・中学生が過半数にのぼることが、川村学園女子大の斎藤哲瑯教授(教育社会学)の調査で分かった。「海や川で魚釣りをした」「身長よりも高い木に登った」ことのない子供も四割強。教授は「親が自然の中に子供を引っ張り出さなければ、太陽の動きを追う経験もできない」と危惧(きぐ)を抱いている。(産経新聞)
 
 前にも少し書いたが、子供達が外に出られないのは、物騒な世の中になってしまったからである。これは子供を責めることができない。ともすれば、親が子供の手を引いてあげるしかない。自然を体験させることは大事である。小動物や昆虫にふれることで生命の神秘、大切さを学ぶものである。
 
 自然の体験というものは、頭だけでは学べない体を使った理解である。体の全知覚を総動員して学ぶ。豊かな情緒を育てるためには、親が自然に連れ出して行かなくてはいけないのである。自由に外で遊べないのは何とも悲しいが。
 
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 

(Visited 13 times, 1 visits today)

日の出を知らない子供たち」への2件のフィードバック

  • 2004-11-29 @ 2:18 PM
    パーマリンク

    日の出、日の入り見たことない 小中学生の過半数
    Sankei Webによると、自然体験の調査に「生まれてから一度も日の出、日の入りを見たことがない」と答えた小・中学生が過半数にのぼることが、川村学園女子大の斎藤哲瑯教授(教育社会学)の調査で分かったとのこと(『日の出、日の入り見たことない 小中学生の過半数 』より

    返信
  • 2004-11-29 @ 2:18 PM
    パーマリンク

    日の出、日の入り見たことない 小中学生の過半数
    Sankei Webによると、自然体験の調査に「生まれてから一度も日の出、日の入りを見たことがない」と答えた小・中学生が過半数にのぼることが、川村学園女子大の斎藤哲瑯教授(教育社会学)の調査で分かったとのこと(『日の出、日の入り見たことない 小中学生の過半数 』より

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA