人工呼吸で愛犬救う 米国

 
 昔、保健体育の教科書で人工呼吸の方法を読んだことがあるが、実際にその場で居合わせたらうまくできるかどうかの自信はない。119番するのが関の山だろう。しかし、人工呼吸術を知っていれば、救急隊の到着を待つことなく、救える命も多いに違いない。
  
 アメリカ・ネブラスカ州の男性が軍隊の経験を生かし、おぼれて意識を失っていた愛犬を救った。妻は「これまで一度も犬を愛しているなんて言ったことはなかったのに」と喜んでいるという。
 
 男性は戦争でイラクなどの空を飛んでいたが、05年に負傷し引退、杖をついて歩く生活を送っている。軍隊での応急処置の経験を生かし、愛犬に人工呼吸を試みたのだった。
 
 戦争は国と国をいびつな関係にするが、それに参加する個人の受け止め方はそれぞれ違う。守りたい対象というのは国ではなく、実は非常に身近なものであるのだ。
 
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 愛犬に人工呼吸 一命救う(スポーツ報知・07/3/12)
 
 

(Visited 4 times, 1 visits today)

人工呼吸で愛犬救う 米国」への3件のフィードバック

  • 2007-04-17 @ 11:19 AM
    パーマリンク

    そうか!ワンコに人工呼吸するには、
    お口じゃなくて、鼻なんですね!
    幾ら頑張っても、ポコ君のお口をバックり出来る程、私のお口はデカクは無いからねぇ(爆)イザって時には、ポコ君の黒ッ鼻に、ですね!突発で起きた事に対処するってのは、日頃、おりに触れリスクに対してのシュミレーションをイメージしてみるってのも良い事ですね。

    返信
  • 2007-04-18 @ 12:19 AM
    パーマリンク

    >mamaさん
    犬に人工呼吸なんて信じられないですが、出来るものなんですね。でも、ご本人にとってはかけがえのない家族。mamaさんも私だって、そんな現場を目にしたら、とっさに何かするはずです。
    mamaさんのお口はそんなに・・??(爆

    返信
  • ピンバック: 警官が土佐犬に発砲、射殺 愛知・稲沢(2009.1.11) – 言葉のリサイクル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA