光回線サービス料金を大幅値下げへ 総務省の要請を受けて来春にNTT(2009/12/29)

 NTTは、現在5460円(戸建てタイプ)で提供している光回線サービス料を大幅に引き下げる検討をしていることを明らかにした。実施は11年春ごろ。全世帯に光回線を行き渡らせたい総務省の要請に応える形となる。
 
 現在の料金体系はレンタル機器使用料などを含めた料金体系となっているが、これをADSLなみの3,000円台にするものとみられる。通信量が一定量を超えた場合に課金する従量制も導入する。基本料金を安くすることで光回線の普及を目指す。光回線を使える世帯は全体の9割にのぼるが実際の使用は35%ほどだという。
 
 利用者としては嬉しいニュースである。そしてこれからブロードバンドでのインターネットなどを考えているかたにも敷居が低くなる。かつてADSLサービスを利用していたが、下り(ダウンロードなど)のみならず、写真や動画のアップロードが増えたことにより、上り速度もきにするようになった。そのためNTTの光回線に切り替えた。
 
 ADSLは安価で従来のアナログ電話回線がすぐに使えて便利だが、NTT電話基地局よりおおむね2キロの範囲でないとスピード的に利用が難しい。工事の必要があっても光回線を使った方が快適である。
 
 その利用範囲はインターネットにとどまらず、電話、地デジ対応テレビの視聴、オンラインレンタルビデオサービスなど多岐にわたる。インターネット電話サービス「スカイプ」や動画サービスも光回線だから快適に利用することができる。細い回線でこれだけのサービスを甘受できるのは嬉しい。
 
 光回線の威力を知るのは海外と通信しているときであろう。先方のインターネット環境にもよるが、互いの環境がよいとビデオ電話なども快適である。ネットが社会基盤となっているが全世帯普及することへの布陣となるだろう。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 光回線料、大幅下げへ=ブロードバンドの普及促進-NTT(時事通信・10/12/29)
★NTT:光回線値下げへ…11年4月にも従量制導入(毎日新聞・10/12/29)
 
 

(Visited 17 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA