警察官3人刺される 東京・練馬(2006.10.27)

 近所の交番にある相談をしに行ったときに警察官と世間話になった。
 
「この市内では事件が多いのですか?」
「多いよ。特にひったくり。最近は物騒だから、こんなものをつけているよ」
 
 と、お腹を叩いて防刃チョッキの存在を教えてくれた。ただでさえ重装備なのに、夏場はこのチョッキも重いことだろう。
 
 東京・練馬区内で、路上で暴れている男が通報で駆けつけた警視庁石神井署員3人に刃物で切りつける事件があった。首や顔を切られた警察官は1人が重体だ。3人とも防刃チョッキをしていたが、1人はすき間のある脇腹を刺された。男は署員に発砲を受け、殺人未遂などの現行犯で逮捕された。
 
 今年、全国警察官の被疑者に対する発砲事案は、昨年の16件をすでに上回っている。制服の警察官であればその姿だけで威力を示しているものだが、それにもかかわらず警察官に抵抗、襲撃する者が増えているという現状だ。
 
 警察官職務執行法の改正が今年に行われたことも、けん銃使用がふえた理由であろう。それまで銃の使用は警察官が身の危険を感じたときなどに限られていたため、使用に躊躇する傾向があった。発砲後の上司への書類報告なども煩雑だったという。
 
 「日本の警察官は撃たない」という認識を払拭すべく改正された法律。銃の使用は現場の警察官に判断に一任される。
 
 荒れているマルヒ(=被疑者)と対峙するには常に危険が付きまとう。被疑者が警察官に対して抵抗する意思を示し、警察官がそれに認識したときに両者は緊張する。今回逮捕された男は下着姿で暴れていた。「普通ではない」被疑者を取り押さえた警察官3人はギリギリまで銃の使用を控えたのである。
 
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 警官3人刺され重軽傷、容疑の男逮捕 治療で釈放 東京(朝日新聞・06/10/26)
 
 
 

(Visited 6 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA