「特定は可能」入試ネット流出、偽計業務妨害容疑で京都府警が捜査へ

chiebukuro_2(Yahoo!知恵袋に投稿された英語問題)
 
 京都大学や同志社大学などで入試中の問題がネットに流出し回答がされていた問題で、京都大学は京都府警に被害届を出すことを決めた。京都府警では偽計業務妨害容疑で捜査に乗り出す方針であり、投稿されたサイト「Yahoo!知恵袋」側も全面協力するとしている。
 
 今回の事件では、京都、同志社、立教、早稲田の4大学で合計12回の書き込みが確認された。大学や文科省も「入試制度の根幹に関わる問題」と事態を重視しており警察の協力を得て調査に乗り出す。不正が発覚した場合、受験生の合格は取り消しになる。
 
 「Yahoo!知恵袋」側も警察の捜査に協力する姿勢を示しており担当者は、「携帯端末の特定は可能」であるとしている。今回被害届を受理するのが京都府警である。京都府警というと、ファイル交換ソフト「ウィニー」を開発した男を著作権法違反で検挙したり、ウイルスを作成した男を器物損壊容疑で検挙するなどIT系犯罪捜査に強い。
 
 「Yahoo!知恵袋」の該当ページでは英作文の問題で「次の文を英訳して下さい」などとした投稿があり、ハンドルネームは「aicezuki」を名乗っている。不正に気付いた回答者が「PS あなたを全力で特定します」との書き込みも見られた。
 
 こうした不祥事は過去にもあり、2005年2月、日本英語検定協会が実施した英検2級の2次試験で、ネット掲示板「2ちゃんねる」に面接試験を終えたと思われる受験生から出題の投稿があった。面接試験をこれから受ける人がこれを見ることができる状態にあった。
 
 韓国でも大学入試に携帯を使ったカンニングで多くの受験生が処分されたことがある。公正な受験は言うまでもなく真面目に取り組んできた受験生を嘲笑する行為であり、大学の業務に支障を来すことになる。今後は携帯電話の持ち込み禁止や金属探知機の導入、事前に荷物を預かるなどの対応が求められることになり大学側も苦慮している。
 
 一人で試験中に携帯に書き込むことは困難である。可能性としては音のでない一部の携帯電話に付いているカメラで問題を撮影しメール送信。メール受信した協力者が「Yahoo!知恵袋」に出題を投稿、回答されたらそれを受験生にメールした可能性もある。受信メールを見ることができる腕時計型のPHSなどがある。
 
 それにしてもこんなみっともない真似をしてまで試験に臨むのか。若者だったら正々堂々と、少しは格好つけられないものか。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ Yahoo!知恵袋に投稿された英語の問題(11/2/26)
★ 入試ネット投稿、警察が捜査へ ヤフーも「全面協力」(朝日新聞・11/2/28)
★ 京大入試ネット流出、偽計業務妨害容疑で捜査へ(読売新聞・11/2/28)
★ 京大入試問題 韓国メディアも関心(産経新聞・11/2/27)
★ 個別学力試験問題の一部がインターネット掲示板に投稿された件について(京都大学・11/2/27)
★ 【重要】受験生の皆さまへ(同志社大学・11/2/27)
★ 本学受験生の皆さまへ(立教大学・11/2/27)
★ 受験生の皆さまへ(早稲田大学・11/2/27)
 
(冒頭の「出題」に対して「あなたを全力で特定します」の文言が見られる)
chiebukuro_3
 
 

(Visited 119 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。