宗教の勧誘

 
 今まで受けた勧誘↓
 
・マルチ商法を職場の先輩に勧められる。
 
・「このキットを買えば人生成功する」みたいなものをバイトの先輩に売りつけられそうになる。
 
・自己啓発セミナーに行こう、と元バイトの先輩からメールが来る。
 
・中学の同級生の女性に宗教の勧誘。
 
・元バイトの後輩に宗教の勧誘。
 
 宗教の勧誘に関して、彼らが必ず言うのが「大地震の恐怖」である。まもなく地震が起こるから一緒に祈りましょう、というわけだ。
 
 日本はご存じの通り、地震でこの国土が出来た。地震プレートの上にあり、毎日全国で有感地震が数カ所で起きている。それをその宗教は予言している、というのだが、そんなものただの「予想」だ。恐怖で人を煽るとはけしからん。
 
 宗教勧誘の後輩は気になることを言った。
 
「僕らみたいな若者ばかりで、年寄りとかはいないんで・・・。」
 
 若者しか信仰しない宗教なんて不自然である。それに彼は日本で一番有名な大学の大学院で研究をしており、科学者だ。だまってたって、人生の王道を行けるようなものである。もしこれを読んでいたら考え直して欲しい。
 
 人にとって一番辛いのは、思想や信仰を押しつけられることである。だから言っておきたい。
 
 マルチ商法には興味がありません。
 
 自己啓発は自分でやります。
 
 新聞はとってます。
 
 保険は入っています。
 
 英会話教材って何でそんなに高いの?
 
 車は必要ありません。
 
 宗教観は独自で形成しており、手を合わせるという行為は自分の意志でするものである。手を合わせるのに他人の助けは必要ないので結構。それを否定されるような勧誘はまっぴらである。「神様助けてくれよぅ」と心の中で叫ぶことがあっても、本当に助けてもらいたければ、家族の相談する。友人に聞いてもらう。先生に教えを請う。
 
 信仰の自由は知っているが、これから私は不幸にもなるし幸せにもなる。信仰の自由は、信仰しない自由もあるということだ。
 
 
☆ 無宗教――世界中の偉大な信仰の中で、一番重要な信仰(ビアス)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 

(Visited 44 times, 1 visits today)