御巣鷹山の日本航空123便 事故から21年

 「埼玉県内の山頂で火の手が上がっている模様です。現在、埼玉県警秩父署員が現場に向かっています」
 85年8月12日夕方に消息不明となった日本航空123便は翌朝、群馬県上野村の御巣鷹山で原形をとどめない形で見つかった。520人が犠牲となった史上最悪の航空機事故の発生から21年になる。
 それ以降、国内では大きな航空機事故は記憶している限り起きていない。交通社会から受ける恩恵は多いが、時々それが悲報となって伝わるのは心苦しい。事故はちょっとした油断やミスから、無関係な人を多く巻き込むことになる。
 ちょっとしたミスが遺族のかたに与えたものは、520を基数とした無限倍数となって一生ついて回る悲しみの数である。
 
 
☆ 人生は往復切符を発行していません。ひとたび出立したら再び帰ってきません(ローラン)
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
★ 日航機墜落事故から21年 遺族ら灯籠流し(産経新聞・06/8/11)
★ 20年経った日航機墜落事故(本ブログ・05/8/11)
★ 日航機墜落ともうひとつ、(本ブログ・05/8/16)
 
 

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA