マイボスマイヒーロー 先生に憧れたとき、そして今は・・

 長瀬智也のドラマが面白い。ヤクザの組の「若」が高校生になって戸惑いながらも成長してゆく。
 プリンの争奪戦はくだらないけど笑ってしまう。
 私が若い頃は、水谷豊、田原俊彦、武田鉄矢のような先生が好きだった。でも今は若い生徒たちが羨ましい。
 「大人になったらクラスメートなんかないんだぜ。つまんねえ駆け引きばかりだ!」
 無防備な若者の主張には、必ず未来への可能性が見えて聞こえる。冷めている若者、熱い青年、恋でいっぱいの鮮やかな心。
 
 
 若い時間は無限に時を刻む。
 
 
☆ 恋人同士が、初めて食事を共にするということが、一つ「ときめき」であった、などといったら笑われるのがオチだろう。しかし、そうであった。恋人の前で、ムシャムシャクチャクチャ、音をたてないまでも、口を何百度も動かして咀嚼(そしゃく)していくことは苦痛であり、それが苦痛でなく自然にできる間柄になったことは喜びであった。(山田太一)
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 

(Visited 9 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA