民間機を撃墜か マレーシア航空機がウクライナ上空で(2014.7.18)

 
 1983年9月1日、アンカレッジ発ソウル行きの大韓航空ボーイング747型機が、ソビエト連邦(現:ロシア)の戦闘機に撃墜される事件があった。同機はソ連の領空を侵犯したために撃墜されたが、民間機を撃ち落としたソ連に対して国際社会から非難の声が上がった。同機が領空侵犯をした原因は分かっていない。
  
 ウクライナ共和国で17日、マレーシア航空ボーイング777型機が、地上からの迎撃ミサイルに撃墜された。ミサイルを発射したのは親ロシア派の武装勢力と思われているが、親ロシア派はウクライナ側に原因があると主張している。
 
 墜落現場周辺には、燃え尽きた機体の残骸が散乱した状態になっている。ブラックボックスは親ロシア派勢力が保管しており、真実の追究には同派が協力的である必要がある。
 
 300人近くが亡くなった。
 
 飛行機は人が便利に移動できる手段というだけではない。国と国をつなぐ夢の発明だったはずだ。最初はいつも、新しい発明は夢を語ることができるが、その目的が変容することがあるのが寂しい。飛行機は、戦闘機となると国と国を分断する。
 
 そして今回、夢を語ることのできないミサイルという発明によって罪の無い人たちが犠牲となった。人は時に、無意識のうちに悲しみを発明してきた。この発明だけは失敗を繰り返して欲しいものである。83年の大韓航空機には当時中学生だった同級生が乗っていた。そうか、あれから31年が経過しようとしているのか。
  
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 日航機墜落ともうひとつ、(本ブログ・05/8/16)
 

(Visited 34 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。