東京スーパーモデルに高3の山本美月さん

 小学館のファッション雑誌4誌が合同で主催するモデルコンテスト「第1回東京スーパーモデルコンテスト」の最終審査が東京であり、初代グランプリに福岡県の高校3年生、山本美月さん(18)が選ばれた。山本さんは「まだ夢なのか現実なのかよく分かっていない。たくさんの人に応援して欲しい」と語った。山本さんはグランプリの他に「キャンキャン賞」も受賞、グランプリ賞金100万円が贈られ、4誌いずれかの表紙でデビューすることになるという。
 
 同コンテストは「CanCam」「PS」「Ane Can」「Oggi」の4誌が合同で開催。応募総数5551件の中から最終選考で日本の他、中国・韓国から12人が残った。
 
 イベント後に、山本さんと、蛯原友里(29)、押切もえ(29)、杏(23)らが会見。蛯原友里は「これからも自分のためではなく、みんなのために頑張ろうと思いながら(モデルを)楽しんで」。押切もえはきれいの秘訣を「しあわせだって事に気付くこと」とし、恋愛に関しては「あんまり考えすぎると、プライベートのことは仕事にも影響するので楽しむのが一番で、あまり気にしないことと、お世話になっている人には迷惑をかけないことが大事だと思う」とコメントした。

 
 山本美月さんは、以前から俳優養成所に通っていたようです。身長1メートル67、B74W59H85のスリムな高校3年生である山本さんは、演劇部に所属しているという。
 
 そういえば、かつて一緒にアルバイトをした女性がモデルさんをやっていることがわかった。矢澤深雪さんという人であり、派遣会社やビールのCMに出たこともあるという。気がつかなかった。矢澤さんとは1年近く一緒に働いたが、当時からきれいな子だったので、もてるだろうなあと思っていた。なるべくしてなったという感がある。
 
 誰にでも向き不向きというものがある。背が高くてきれいな人はモデルをするべきなのだ。運動神経抜群ならばスポーツ選手になるべきだ。歌が上手かったら歌手を目指すべきだし、個性的な演技力があるのならば俳優になるべきなのだ。
 
 正義感にあふれるのならば警察官や自衛官を目指すべきであるし、料理が好きならば多くの人にふるまえばよいし、子供が好きであれば教師を目指せばよいし、倒れる人を助けたければ医師を志せばよい。
 
 幸運にも適職が見つかる人がいれば、思うようにいかない人もいる。そこで必要になってくるのは喜怒哀楽の経験である。心の底から喜び、怒り、悲しみ、楽しむ。そんな経験をしてきたかどうかで人生は決まるし、決めることになるだろう。山あり谷ありの人生だから、そうした経験が必要なのである。
 
 モデルさんに限らず職業を問わず、魅力的な異性の共通点がある。それは、話すときと聞くときに相手から目をそらさない、ということだ。相手と時間を共有する上で大切なことだ。これだけで、その人と一緒にいたという記憶は必ず残るものである。モデルさんがカメラ目線なのはそれが理由の1つだ。
 
 山本美月さんは夢を叶えるべく日々努力をしてきたのだろう。「夢は叶います」と言ったのは歌手のマドンナだが、それは夢を追っていることすら忘れるくらい猛進している人に降りかかる幸運なのだろう。
 
 
☆ トップにはなりたくはないわ。いつも自分より上にある何かを見上げていたいから。(カトリーヌ・ドヌーブ)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 山本美月オフィシャルブログ  BEAUTIFUL MOON
★ MIYUKI YAZAWAのブログ(矢澤深雪さんのブログです)
★ 目と目で・・(本ブログ・08/7/21)
★ ミス・ユニバース、48年ぶり日本人優勝(本ブログ・07/5/29)
 
 

(Visited 362 times, 1 visits today)