命と一緒に

 祖母が亡くなったのは先月。人の死に顔を見るのは4度目になる。
 
 感じたことがある。人というのは魂が抜けてしまうと、ろう人形のような状態で、ただのモノになってしまうということだ。
 
 目の前には祖母の顔があったが、生きていた頃の祖母ではない。似たような人形があるだけで、本当に過去の人として存在してるだけであった。
 
 人というのは、魂が入っているのとそうでないのでは、全く違うものなのだ。だから感じる。喜怒哀楽を共有できる仲間がいて、その彼らと面と向かって話をしているのは、実は非常にに凄いことなのだ。
 
 生きるということは、命と体当たりしていることだ。
 
 君も、あなたも、ユーも、あんたも、おまえも、きさまも、
 
 実に素晴らしい存在。
 
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 

(Visited 16 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。