犬猿の仲を利用したサル退治

 先日デパートのエスカレータで初めて見る光景に出会った。盲導犬初心者とおぼしき女性が、エスカレータ手前で犬を連れて止まっている。後ろにはトレーナーらしき人が指示を出していた。
 
「○○、グッド!」
 
これはエスカレータ手前で一時停止したための誉め言葉。
 
「○○、ゴー!」というと、盲導犬は尾っぽを振りながらゆっくりエスカレータに上がっていった。犬の愚直なまでの行動は本当に感心する。
 
 兵庫県で、畑などを荒らすサル退治に犬を使う事業に取り組むことになった。県内での農作物の被害は05年で1230万円というから、打撃は大きい。
 
 モンキードッグなるものを育成する。これはサルだけに反応し、吠えたり「突撃」といった命令に応じられるようにするそうだ。電気柵などを設置する費用に比べると安価ですむという。
 
 くだんの盲導犬だが、能力に陰りが来たときにパートナーと別れが待っている。その最期を知ることなく別れなくてはならない。人の役に立ってくれている盲導犬や介助犬。もっと増えればいいと思うが、需要に対して供給はまだまだ追いついていない現状がある。
 
 多くは愛玩動物としての犬であるが、生活していく上で重要なパートナーであり、そして機械だけではまかなえない部分を、人間より忠実にその任務を遂行してくれる彼らである。
 
 
☆ 私は世界に二つの宝を持っていた。私の友と私の魂と。(ロマン・ロラン)

☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ イヌでサルを退治へ 兵庫県が「犬猿の仲」利用(朝日新聞・07/2/14)
 
 

(Visited 32 times, 1 visits today)

コメント

  1. […] ★ 職場などで「補助犬お断り」(本ブログ・06/11/18) ★ 犬猿の仲を利用したサル退治(本ブログ・07/2/17)       […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。