第64回紅白歌合戦で完結した「あまちゃん」

 「あまロス」という言葉が出てくるほど、昨年のNHKの朝の連ドラ「あまちゃん」は好評であった。「あまちゃん」の最終回は、「北三陸鉄道」の線路で走り出す天野アキ(能年玲奈)と足立ユイ(橋本愛)の希望に満ちた映像でエンディングを迎える。
 
 「あまちゃん」本編では、アイドルを目指していたが上京を果たせなかったユイがいた。そして、女優・鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が歌が下手であったため、アイドルを目指していたアキの母、天野春子(小泉今日子)が彼女の影武者として人知れず声だけデビューしたのであった。世間に春子の存在が知られることはなかった。
 
 第64回紅白歌合戦で和田アキ子が歌を終えた後、アキが所属していた、GMT featuring アメ横女学園が「暦の上ではディッセンバー」を歌う。アキがステージ上でユイに「ユイちゃん、こっちへ来ていっしょに歌うべ!」と呼びかける。すると、「北三陸市」にある喫茶店「梨明日」から「あまちゃん」メンバーがアキに話しかける。するとユイが出てきて、「アキちゃん、すぐ行くから待ってて!」と言う。
 
 ステージ上のモニターには「第157回 おら、紅白にでるど」とタイトルが出てオープニングテーマ曲が流れる。パラパラアニメでユイが電車とタクシーを乗り継いでNHKに入る絵が登場。すると実写に代わり、ユイはアキの父である黒川正宗(尾美としのり)運転するタクシーで駆けつけ、アキと同じステージに立つ。二人は「潮騒のメモリー」を歌う。ユイが上京を果たした形となった。
 
 二人がワンコーラス歌い上げるとアキが、「2番は大好きなママが歌います」というと、会場からはどよめきが起き、「天野春子」名義で小泉今日子が登場。同曲を歌い上げた。アイドルとしてステージに立てなかった春子の夢が叶った形となる。小泉今日子が紅白で歌うのは実に25年ぶりとなった。
 
 春子が歌い上げると、演奏がスローテンポになり、春子が手をセンターに伸ばす。和服でステージに上がってきたのは「鈴鹿ひろ美」名義の薬師丸ひろ子であった。またしても会場はどよめいた。薬師丸ひろ子は、レポーターなどで出演経験があるが、歌手としては紅白初出場である。
 
 鈴鹿の歌が終わるとアキの「北三陸さ、帰りてぇ」の映像が出て、「梨明日」にいたメンバーも全員登場、劇中で歌われていたGMTのデビュー曲、「地元に帰ろう」を全員で歌う。最後はアキが「撮影に協力して戴いた地元の皆さん、ありがとうございました」と言葉を述べて終わる。
 
 この「あまちゃん第157回」は約14分。ほとんど本編一回分を放送したのと同じくらいの時間である。ドラマという仮想の中の「あまちゃん」が紅白歌合戦という実体のあるところと繋がった。思えば「あまちゃん」本編はオマージュやパロディがちりばめられており、紅白でそれをやってのけたと考えることもできる。これで「あまちゃん」は完結した形となった。
 
 一方、リハーサル時から失敗が懸念されていた、紅組司会の女優・綾瀬はるか。最初の浜崎あゆみの曲紹介でとちった。その後もセリフを噛んだり、ゲスト審査員であった美輪明宏との掛け合いを”無視”してしまう失敗もあった。
 
 しかし初めての紅白司会であり、健気にやっていた姿は見ていて楽しかった。前半が終わる前に「特別企画~東日本大震災復興支援ソング『花は咲く』」を歌うコーナーがあった。綾瀬が被災地に訪れた映像が流れた後に綾瀬が、「今回出会った大熊町の子供たち。辛い境遇でも、夢を抱き・・」と言ったところで感極まって泣いてしまった。大きな瞳からぽろぽろ落ちる涙。その後なかなか言葉にならなかったが、会場からは「頑張れ!」の声や拍手が贈られ、「花は咲く」を出場者有志と共に歌い上げた。綾瀬さん、優しい人。
 
 番組の最初に「紅組司会・綾瀬はるか」とテロップが出たが、「花は咲く」を歌い出したとき、改めて「綾瀬はるか」とテロップが出たのはとてもよかった。
 
 昨年泣いた人、笑った人、どんなかたにもよい一年でありますように。
 
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 
 
 Nono
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 

(Visited 46 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。