教育一覧

NO IMAGE

小6男児特許取得 全国初

 東京・警視庁では昨年1年間で213万件の落とし物が届けられた。最も多く届けられるのが傘で、その数35万本だ。続いて財布類(19万)、携帯電話(9万)と続く。傘...

記事を読む

NO IMAGE

いじめを苦に自殺 福岡県筑前町(2006.10.16)

 昭和61年の2月、東京都中野区立富士見中学校2年生、当時13歳だった男子生徒が自殺した。「このままじゃ生きジゴクになっちゃうよ」と遺書を残して命を絶った。 ...

記事を読む

NO IMAGE

小学校 英語より国語が大切

 最近電車に乗っていると、「不審物や不審者を見かけたら駅係員にお知らせ下さい」という掲示がある。それと同じ内容のものが英語表記してある。その英文の最後には "T...

記事を読む

NO IMAGE

カタカナ語109回 安倍首相の演説

カタカナ語は嫌いです。

記事を読む

NO IMAGE

来春から早大生

   福原愛さんと斉藤佑樹くんが早大に進学が決まった。多くの有名人が在籍する大学だが、あまり無用な騒ぎにならない配慮が必要だ。    彼らは決して安くはな...

記事を読む

NO IMAGE

青いハンカチ

   好きな言葉は多いのですが、その中の一つに、   The mediocre teacher tells.(平凡な教師は言って聞かせる)   The...

記事を読む

NO IMAGE

沖縄全戦没者追悼式典

   沖縄戦終結から61年目の慰霊の日だった。  遠い昔に多くのかたが戦争で犠牲となった。戦争はその大義名分のもとに悲惨な光景が繰り広げられる。今のイラク戦...

記事を読む

NO IMAGE

4月18日は発明の日

 18日は発明の日だったという。科学に興味を持ったと言ったら、小さい頃に買ってもらった電子ブロックや電池が不要のラジオを作って楽しむことができた。    ど...

記事を読む

NO IMAGE

女性の職場

女性が生き生きと働く職場。

記事を読む

NO IMAGE

叱る親、叱らない親

 小さい頃、外でぐずっていると「じゃあもう知らない、そこにずーっといなさい。お母さんはもう帰るから」と本当に遠くまで行ってしまい、ごめんなさいごめんなさい、と泣...

記事を読む

NO IMAGE

先生

 30代に入ってから多くの「先生」と接することになるとは思わなかった。    まず、大学入学したので当然最初の先生に会うはずだったが、大学の最初の授業の直前...

記事を読む

NO IMAGE

カタカナ語の氾濫

 文章を書く上で気をつけていることがいくつかある。その一つが「カタカナ語は極力避ける」ということだ。  何故避けているかというと、特に抽象語を多用した場合...

記事を読む

NO IMAGE

敬語を敬え

   文科省の諮問機関が、敬語の適切な使用文例集を作ることにした。若者の不適切な敬語の使い方に危機感を募らせているのだろう。    言葉の乱れといえば、「...

記事を読む

NO IMAGE

「普通に」はフツーにあり得ない

   最近、若者の間で流行っている言葉、「あり得ない」「普通に」。    若者言葉というのは、その時の時代に合わせて登場し、消えていった。若者言葉は所詮若...

記事を読む

NO IMAGE

子供の学力低下

   太陽がどちらの方角から昇るか答えられない小学生が35%という調査があった。さらには、「憂える」を「喜ぶ」という意味だと思っている大学生も多くいるという。...

記事を読む