笑っていいとも!火曜&水曜最終回

 「笑っていいとも!」最初の最終曜日である火曜日(25日)の放送があった。この日は、通常のテレホンショッキングにDreams Come Trueの2人が出演。その後、レギュラーメンバーが1人ずつタモリとテレホンショッキングでトークをする展開となった。
 
 まずはバナナマンの設楽充。「遅刻レギュラー」として、必ずオープニングには登場しない理由を説明。前の番組出演地である東京・お台場(港区)からスタジオアルタ(新宿区)まで移動するので、どうしても遅れるのだという。地域によっては、前の番組が放送されずに笑っていいともは放送されるので、「なぜあいつはいつも遅刻するのだ」と言われるそうだ。最後に「人生の教訓になる一筆を」をタモリに依頼。タモリは色紙に何故か平仮名の「い」の字だけを書いて会場を沸かせた。
 
 2番手はバナナマンの日村勇紀。先週インフルエンザで休んだことを”いじられた”あと、「タモリさんにやってもらいたいこと」として、「テレホンショッキングあるある」として、タモリが番組でよく言うセリフを言って欲しいと懇願。「髪切った」と「これ貼っておいて」を言ってもらい満足していた。
 
 3番目はローラ。登場するや、「久しぶりだね」。「タモタモさんは、帽子が似合うって誰かが言ってたから、帽子買ってきたの」と言って、タモリにプレゼント。そして自分用の帽子も披露。タモリとお揃いだった。
 
 4番目は、さまぁ~ずの大竹一樹。「僕も最後なんで、タモリさんと普段撮らないような写真」を撮影。お互いの顔を両手で持った写真を撮影。さらに互いにおんぶをしあった所を撮影してもらっていた。
 
 5番目は、ハライチの澤部佑。名前の由来について、「親が北天佑のファンであり、大きな人に育ちなさいという理由で付けてもらった」と説明。タモリへのお願いとして、「今度子供が生まれる。タモさんに子供の名前を付けてもらいたい」とし、色紙にタモリが書いたのは、「い」。「澤部い、じゃだめですって!」と絶叫したところでCMとなった。
 
 最後は中居正広。「なんか照れくさいですね」。「みんながプレゼント持ってきていたので僕からも」というと、ポケットから取り出したのは「二千円」。「これで好きなものでも食べてください」と言って会場を沸かせた。自宅からビデオカメラを持ってきた中居は、「くじけそうになったときのビデオレターを撮りたい」として、BGMを用意して撮影。タモリは「中居、がんばれ」、その後ににっこりと微笑んで「何とかなるって」と言った。
 
 番組の最後は、火曜日のメンバー全員で記念写真を撮影。紙吹雪の舞う中の撮影となった。タモリがレギュラーメンバーに「ありがとうございました」と礼をし、会場にも「火曜日の皆さん、ありがとうございました」と一礼して終了した。
 
 水曜メンバーは栗原類以外は芸人さんということで、全員がネタを披露することとなった。
 
 トップバッターは栗原類。なんと、江頭2:50に扮してパフォーマンス。2番手のパンサー以降は全員コントや漫才を披露した。3番目はウエストランド。4番目はアルコ&ピース。5番目は柳原可奈子。6番目はタカアンドトシ。そして7番目には、タモリと爆笑問題の太田光が漫才をした。最後に漫才の途中で時間切れでCMに入ってしまった。
 
 最後の週ということで、通常のレギュラー企画は一切排除されたラストいいとも。こういうのもいいですね。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 

(Visited 21 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。