浜名湖で中学生らの乗ったボート転覆、1人死亡19人救助 浜松

 18日午後3時半ごろ、浜松市北区三ヶ日町の「静岡県立三ヶ日青年の家」から、「浜名湖でボートが転覆した」と119番通報があった。警察と消防が駆けつけたところ、愛知県豊橋市立章南中学校の中学1年生18人と教師2人が乗っていたカッターボートが転覆していた。全員救助されたが、ボートの内側から見つかった西野花菜さん(12)は意識不明、その後搬送先の病院で死亡が確認された。
 
 豊橋市教育委員会などによると、生徒らは17日から2泊3日の予定で自然体験学習をしていた。1年生96人と教師6人が参加し、この日は県立三ヶ日青年の家の職員の指導のもと、午後2時過ぎから20人乗りのカッターボート4艇に分かれて訓練していた。全員救命胴衣を着用していたが、参加した男子生徒は「風が強く、波が荒くて怖かった」と語っている。
 
 静岡地方気象台によると、浜松市南部と湖西市には、大雨などの注意報が出ており、事故現場至近の観測点では、最大6.7メートルの風が吹いていた。この体験学習では、地方気象台の情報が警報ではなく注意報であったために決行したという。
静岡県警細江署と浜松市消防局では、天候が悪かったために事故が発生したとみている。県警では授業の運営に問題はなかったか、業務上過失致死も視野に捜査している。
 
 楽しいはずの体験学習が一転して惨事に変わってしまった原因は何だったのだろう。ボートの体験学習を決めるのに判断に誤りがなかったか検証が求められる。恐怖の体験をした女子生徒の一人は、「死にそうだった。自分のことで精いっぱいだった」と証言している。救助された生徒達の心のケアを優先しなくてはならない。今朝まで一緒だったクラスメートが亡くなったことを理解させるのは酷である。
 
 今晩は生徒のみなさんの心が寒くなりませんように。そして冷たい湖で息を引き取った西野花菜さんのご冥福をお祈りします。
 
 
★ 浜名湖で中学生ら20人乗ったボート転覆 1人死亡確認(朝日新聞・10/6/18)
 
 

(Visited 19 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA