Taspo狂想曲

 
 たばこを吸わない人には全く無関係な話なのだが、Taspoの普及がいまいちらしい。カードを作る手続きが煩雑なのが原因で、タバコ屋さんの中は売り上げが激減して廃業を余儀なくされたところもあれば、対面販売が期待できるということでコンビニなどはホクホク顔だ。
 
 ところで自動販売機でたばこ1つ買うのにカードが必要なことが面倒だ。たばこを切らしたら小銭を握りしめて近くの自販機に行けば済んでいたことが、これからはTaspoをいちいち持って行かなくてはならない。
 
 Taspoを作るのに、身分証のコピーやパスポートサイズの証明写真を用意しなくてはならない。運転免許証やパスポートを作るのと違って全く気合いが入らない。未成年の喫煙防止という趣旨は分かるが、なぜこのタイミングに数千億円のシステムを構築しなくてはならないのだろう。
 
 嗜好品といえば、もう一つ酒がある。福岡市職員の飲酒事故を契機に飲酒運転厳罰化が叫ばれるようになったが、一向に飲酒運転は減らない。呼吸臭で酒気帯びを探知する車の開発がなされているという。こちらも業界をあげて取り組むべきことであろう。酒にしろタバコにしろ、味わい方を一歩間違えれば他人に多大な迷惑をかけるということを痛感する。
 
 申請していたTaspoが届いた。顔写真に16桁の会員番号と有効期限、名前がカタカナで記してある。あぁ、なぜ機械にかざすカードに顔写真が必要なのだろう。そして証明写真の顔はどうしていつも冴えないのだろう。
 
 
☆ ワインを飲んでいる時間を無駄な時間だと思うな。 その時間にあなたの心は休養しているのだから(ユダヤの諺)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ タスポ・ショック思わぬ余波 笑うコンビニ、泣くタバコ屋さん(産経新聞・08/6/2)
 
 

(Visited 10 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。