缶ビール552本、堂々と盗む 宮崎・都城

シェアする

 かつて量販店で携帯電話の販売をしていたときに、臨時で神奈川県内の店舗に応援に行った。売り場担当者の方と挨拶をすると開口一番、「うちは万引が多い。不審者がいたら教えてください」とのことだった。比較的小さな店舗であったが、店内は大混雑。近くにカーナビ商品がヒモに縛られた状態で山積みされていたが、これらも「堂々と持って行かれる」のだという。
 
 宮崎県都城市内のスーパーから、552本もの缶ビール(23箱分=約10万円相当)を万引きした会社経営者ら5人が、窃盗容疑で宮崎県警都城署に逮捕された。スーパーの営業中、カートに入れたビールを堂々と店外に持ち出すという、あまりに大胆な犯行であったために警備員が気付いたという。 
  
 2人がトラックの運転席で待機、1人が店の出入り口で見張り、残る2人が店内から缶ビールを盗み出すという役割分担であった。トラックの荷台に積み込んでいたところを警備員が問い詰め、2人をその場で捕捉、他の3人は逃げたが都城署員が1人を逮捕、残りの2人は後になって同署に出頭した。
 
 私はいくつかの量販店を渡り歩いたが、どの店舗でも怪しい人間が出没したときの連絡体制が整っている。隠語を使った店内放送や、品物に張るテープ・紙の色などもに日にちによって変えている。私服警備員がいた店もあった。
 
 最近では高齢者の店内での窃盗が増えているという。専門家によれば「独居老人などが増えたことで、社会との繋がりが減り、社会に対する規範意識が薄れている。社会参加させることが重要」だという。
 
 孤独には2つのタイプがある。試練としてその身を置くものもいれば、自らの存在意義を見失ってしまう孤独である。前者はいずれ社会に参加することであろう。後者は日の当たらない暗闇のままで社会と対峙することになるであろう。しかし日が当たらなくても社会参加している人などたくさんいる。特別なことをする必要はない。善悪の中間に身を置くことこそ、社会のルールに沿って生きる最善の方法だ。
 
 窃盗罪は10年以下の懲役、または50万円以下の罰金という犯罪である。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 第三十六章 窃盗及び強盗の罪(電子政府の総合窓口)
★ 万引き親子に裁判官が苦言(本ブログ・06/6/30)
★ 被害額「3銭」 駅コンセントで携帯充電の女性摘発(本ブログ・08/9/10)
★ 「大麻欲しさに万引き」の被告に、「バカ」と裁判官(本ブログ・09/4/17)
★ 万引、カメラが検知し警告 リテールサポート本格販売へ(産経新聞・09/6/21)
 

(Visited 64 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。