口コミでひったくり防止

 
 いつも行く美容院での美容師さんとの会話は楽しい。同じMacユーザーであることや、年齢が近いこともあって行くのが楽しみだ。先日は担当の人が休みで、そのときにいつも切っていただいているかたと話をした。
 
 話のネタは大変そうだが、困るのが客からネズミ講だとか、宗教の勧誘をされることだという。「そんなことは自分で楽しむのは勝手だが、誘ってくれるな」とは同感。
 
 大阪のひったくり全国ワーストワンという汚名を返上すべく、大阪府警が変わった作戦に乗り出した。お客さんと会話をする時間が長い美容師さんに、口コミでお客さんにひったくりの被害に遭わないように話をしてもらうというものだ。美容師さん対象に「勉強会」を開き、警察の防犯担当者がひったくり被害の予防策を教える。
 
 窃盗罪であるひったくりは一瞬のことでもあり、現行犯以外の検挙が難しい。バッグは建物側に持って歩く、たすきがけにする、携帯で通話中は注意が散漫になるので要警戒、などがあるだろう。検挙に勝る防犯は無し、といえども被害者にならない空気を装うのも重要だ。
 
 会話が弾むと時の経つのを忘れる。美容師さんがひったくり担当なら、銀行員は振り込め詐欺担当、居酒屋は飲酒運転防止担当といったところか。でも一番大切なのは、個人の危機管理意識。これが高ければ犯罪抑止効果は比例して結果に表れる。
 
 年末は金品の強奪被害が多いので、ご注意を。
 
 
☆ 人の話を感心して聞ける人、それがいいんです。感心すると、海面に水がしみ込むように入ってくる。(竹内宏)
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 大阪府警が新たなひったくり対策 美容師さん“口コミ”作戦(産経新聞・06/12/16)
 
 

(Visited 5 times, 1 visits today)

口コミでひったくり防止」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA