自殺者3万人

 国内の自殺者が3万人を超えるかもしれない、という時にならないとなかなか国というのは動かないものだ。そもそも動くかどうかも分からない。
 
 自殺者を直接見ることになるのが警察庁、その数字を集めるのが厚生労働省だ。省庁というのは統計を取るのが好きなようだが、その割には数が1つでも出たときに対策に乗り出すということはなかなかなく、増え続けてようやく対策に乗り出すというパターンが多い。自殺は社会問題。経済問題のような扱われかたが悲しい。
 
 平成景気(バブル景気)だった頃、世間は景気に酔いしれて浮かれていた。当時はネットなど無かったが、買ってすぐ売る株取引も盛んだった。しかし、その時も好景気の裏では命を絶つ者がいても問題にはならなかった。
 
 実力のある者が世の中を先導していくことは悪いことではない。しかし、実力のある者が世の中ではない。戦争もしていないのに、戦死する人が多い不思議な国である。
 
 
☆ 金持ちになりたい人は5時に起きなきゃなりません。もう金持ちになっている人は7時まで寝てていい。金持ちなんてガラじゃなければ11時まで寝てられる(『マザー・グース』)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 自殺者:8年連続で3万人超 「格差社会の影響」か(毎日新聞・06/5/10)
★ やはり命は軽くない(本ブログ・05/2/16)
★ リラックスビズ(本ブログ・05/7/9)
 
 

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA