出頭の特別手配犯の容疑者を機動隊員が逃がす 本人「特別手配なんですけど」にも署への出頭指示 警視庁

 オウム真理教の元幹部で特別指名手配されていた男の容疑者〔46〕が当初、身柄拘束された丸の内署ではなく、警視庁本部に出頭していたことが分かった。名乗り出た同容疑者に対して、警備中の機動隊員が「警察署か交番に行くように」と指示していた。逃走された恐れもあり、同庁では経緯を詳しく調べる。
 
 警視庁警備1課によると、12月31日午後11時35分ごろ警視庁本部(千代田区霞が関)の正面入り口で、警備中の機動隊員に容疑者が「○○です。出頭しました」と名乗り出たが、隊員は風貌から本人ではなくいたずらだと思い、「近くの丸の内署か交番に行くように」と告げて同署の方向を指した。同容疑者が「特別手配なんですけど」と念を押したが隊員は取り合わなかった。同容疑者は700メートルほど離れた同署まで歩いて行った。
 
 隊員は「特別手配は知っていたが、髪が茶色で写真とは違う風貌だと感じた。いたずらだと思った」と話しているという。
 
 容疑者が素直に丸の内署まで行ったからよかったが、気が変わって逃走したこともあり得た。隊員は無線で応援を呼ぶこともできたはずであり、わざわざ警視庁本部に出頭し「特別手配犯」を名乗った被疑者に対してあまりにもずさんな対応である。
 
 警視庁には指名手配犯を専門に捜査する部署がある。「見あたり捜査」といい、手配犯の顔写真を頭にたたき込んで手配犯が出没しそうな街に出て行く。そうした捜査員が聞けば今回の隊員の対応は残念であったことだろう。
 
 私事だが、財布を拾って最寄りの警察署に行ったときに「近くの交番に行くように」と言われた。知人が交通事故を起こしたときも警察署に行ったが交番へ行くように指示された。困ったときに本署や本部に直接来られるのは警察にとって迷惑なのだろうか。全国の指名手配者のみなさん、出頭する場合はわざわざ出向かずに110番した方が交通費がかからなくて良さそうです。
 
※ 1月3日追記
 読売新聞によると、容疑者は捜査本部のある大崎署に出頭しようとしたことが分かった。同署前までに行ったが、入り口が分からずに警視庁本部に向かった。また、出頭前にはオウム事件の情報提供を呼びかける警察のフリーダイヤルにも電話したが「相手にされなかった」と話している。これが事実なら、2度も補足するチャンスを警察はみすみす見逃していることになる。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 警察に電話の容疑者「相手にされなかった」(読売新聞・12/1/3)
★ 容疑者、まず警視庁訪れる 「警官指示で署へ」(朝日新聞・12/1/2)
★ 機動隊員、容疑者に気付かず まず本部出頭も「署に行け」 警視庁(時事通信・12/1/2)
★ オウム真理教特別手配犯の容疑者を逮捕 逃亡16年、大晦日に出頭 警視庁〔本ブログ・12/1/1〕
 
 

(Visited 23 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA