ちょっといい言葉・97

970 友よ、私が死んだら墓に一本の柳を植えておくれ……。(ミュッセ)
969 お願い、少しシャンペンを下さい。死ぬのが恐くてたまらない。(ダヌンツィオ)
968 こんな明るい日なぞ 私の心は美しくなってしまって お母さんをこの胸へ飾り 威張ってやりたいような気がします(八木重吉)
967 失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。(シェイクスピア)
966 ちょっとばかり芸術的な、ちょっとばかり良心的な。……要するに、ちょっとばかり、ということはなんてけがらわしいんだ。(三島由紀夫)
965 卑怯者ってのはね、何をしたかってことで決まるんじゃなくて、君が何を後悔してるかってことで決まるんだよ。(寺山修司)
964 燃える真夏の暑さによって 戦闘と苦痛によって 限りなく伸びゆく幹に 花よ咲け(ヘルダーリン)
963 十のもので百の戦いをする力は自分にはない。けれども十のものを十だけに戦い切ることはできそうだ。(山本周五郎)
962 自分の体に合わせて作った服は、なんでもよく似合うものです。たとえそれが、自分とは身長の違う人の寸法に合わせて作った服ほど素晴らしくなくても。(エドナ・ファーバー)
961 人生とは前向きに進むしかないが、後ろ向きにしか理解できない。(キルケゴール)
 

(Visited 15 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA