人気の名前をつけられる人と名前を捨てる人

 今年生まれた赤ちゃんの名前人気ランキングが明治安田生命保険から発表された。女の子のトップは「さくら」「陽菜(ひな)」「結愛(ゆあ)」「莉子(りこ)」「美桜(みお)」、男の子は「大翔(ひろと)」「悠真(ゆうま)」「翔(しょう)」「颯太(そうた)」「歩夢(あゆむ)」などとなっている。ちなみに2003年と2004年については前に書いた。
 
 名前に見られるのは親の愛情である。これから長い人生を歩む子供への最初のプレゼント。親御さんが子供を呼ぶのに使う言葉であるから、名前をつけるのにも慎重になるだろう。そして子供は名前という人生のタイトルを看板に自分の人生を作っていくことになるだろう。
 
 その一方で、そうした名前もあまり重みを感じない場面に遭遇することもしばしば。苗字は知っているけれど下の名前を知らない、あだ名は知っているけれど本名は知らない、といった人との関わりが希薄になっていく現状。
 
 また名前は簡単に捨てられてしまい犯罪に使われることもある。今年、大阪府高槻市の淀川河川敷で遺体となって発見されたUさんは不自然な養子縁組をされた。周囲に「殺されるかもしれない」と漏らしたが、助かることはなかった。
 
 養子縁組がビジネスと化している。姓を変えることで別人になれることから借金から逃れたり、携帯電話を購入する方法に使われるという。ブローカーも存在し、「ボロもうけ。戸籍を売る人間なんて山ほどいる」。
 
 不自然な養子縁組を法務省は調査しているが、福島県内では「数人のグループが3カ月間に約10回、養親、養子、証人の立場を入れ替わりながら縁組みしていた」との話が出た。ある自治体では「養親と養子の間に一定の年齢差や縁組みの人数に制限を設ける」という対策を考えている。(※)
 
 不自然な養子縁組をされていたUさん事件では、養母のH容疑者(36)ら3人が死体遺棄容疑で送検されている。Uさんに対する「殺人」という核心にたどり着くにはまだ捜査が必要である。
 
 H容疑者は白々しくUさんと同じ姓を名乗っているが、もともとは何という名前だったのか。自分の名前を簡単に捨ててまで犯罪に手を染めた。しかしそれもよいだろう、名前に固執する必要などないのである。なぜなら、刑務所では名前ではなく番号で呼ばれるからであり、今のうちから慣れておくがよいだろう。
 
 
 Uさん、あなたはH容疑者と同じ姓を名乗ることは本意ではなかったのですよね。そしてあなたは、Aさんだったのですね。
 
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 子供の名前:1位 男の子は「大翔」、女の子は「さくら」(毎日新聞・10/12/4)
★ 大阪・高槻の遺棄女性 新生活3カ月で暗転 知人ら「住み続けていたら」(産経新聞・10/5/14)
★ beautiful name(本ブログ・07/4/22)
(※)この段落参考=読売新聞・10/11/8・東京朝刊
 
 

(Visited 13 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA