島根県立大事件の平岡都さん家族を卒業式に招待 3年後に 県立大学長が意向 命の広さ

 09年11月、島根県立大1年の平岡都さん(19)の遺体が広島県の山中で見つかった事件は8カ月が経過しようとしているが、有力な手がかりも見つからず捜査は暗礁に乗り上げている。島根・広島両県警は全学生などから事情を聞くなどし交友関係なども調べたが、手がかりは得られておらず面識のない者の犯行という見方が強まっている。
 
 島根県立大の本田雄一学長は、3年後の卒業式に平岡さんの家族を招待する意向であることを明らかにした。定例会見上、本田学長は「入学から4年後には(平岡さんの家族に)何らかの区切りをつけさせてあげたい。何か特別なものを差し上げたい」などと話した。在籍証明書などを送る考えであるという。
 
 一体誰が何の目的で残忍な犯行に及んだのかは現在全く分からない。事件の態様が衝撃的であるため、在校生の方たちのショックも相当なものだと推測できる。
 
 よく「命の重さ」というが、間違いである。命は重さという”点”ではない。命は広いのである。1人の命は家族を包み込み、友人知人を巻き込み、新しい出会いにまで及ぶものである。その広さは人一人の歴史となって物語を形成することとなる。命が亡くなれば、その悲しみは広く人々を覆い、そんな人々の命をも包み込むものである。
 
 そんな「命の広さ」を犯人は考えたことがあるだろうか。そんな犯人にも命の広さがある。しかしその広さは平岡さんのそれに比べれば遠く及ばない狭いものである。豊かな人間関係を絶ち、狭い世界で生活している犯人である。
 
 そんな犯人の狭い歴史に切り込みを入れるべく、島根・広島県警は総力を挙げて捜査をしている。情報提供は島根・広島両県警合同捜査本部(0120-385-301)、島根県警浜田警察署(0855-22-0110)、広島県警山県警察署(0826-22-0110)まで。この事件は捜査特別報奨金制度に指定されている。
 
 
※ 本件は事件の二日後に交通事故死した男を犯人として特定し、被疑者死亡のまま書類送検しました。容疑者特定ということで解決を見ることになりましたが、被害者は帰ってきません。故人のご冥福を改めてお祈り致します。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
★ 2009年のニュースを振り返る・2【島根・女子大生殺人事件】(本ブログ・09/12/13)
★ 女子大学生死体遺棄等事件の送致について( 2016/12/20島根県警察本部)
★ 島根県立大生事件、3年後の卒業式に家族招待 学長が考え示す(読売新聞・10/7/15)
★ 学生守るパトロール車導入 島根県立大(読売新聞・10/5/28)
★ 手がかり乏しく、捜査難航 遺留品、交友関係 島根女子大生、遺体発見半年(時事通信・10/5/4)
★ 不明から半年、懸賞金チラシ配布 島根女子学生遺棄事件(朝日新聞・10/4/26)
 
 

(Visited 62 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA