犬猫殺処分ワースト1返上目指して 福岡県が本腰

 
 2007年度に福岡県内の保健所などに持ち込まれ、殺処分されたイヌとネコが16,155匹に上り、全国ワースト1位となった。全国最多は3年連続のため、県は対策に乗り出すことを決めた。子犬に限ってきた新たな飼い主への譲渡対象を、成犬やネコにも拡大し、安易な持ち込みに歯止めをかけるため、イヌとネコの引き取り手数料も新たに徴収する。今後10年間で処分数半減を目指す。
 
 県内の施設に運ばれるイヌやネコは、その大半がその日か翌日にガス室で処分される。月に1度のペースで開かれている子犬の譲渡会で引き取りの対象になるのは、生後90日以下の子犬のみで年間80匹ほどにとどまっているという。これを成犬を含むイヌ250匹、ネコ190匹の計440匹に増やす考えだ。さらに、迷い犬、迷い猫が飼い主の元に戻る機会を増やすために、保健福祉環境事務所での収容期間を、現行の3日から6日に延長。「捜索支援ホームページ」を開設して、収容場所や特徴、写真を掲載する。
 
 安易に捨ててしまう飼い主の気持ちが理解できないが、動物を売る側にも何らかの取り決めを作る必要があるのではないだろうか。ドイツでは犬猫を展示販売することが禁止されている。衝動買いを防ぐためである。これのみならず、ドイツでは飼う側にも厳しい法律で規制をしており、罰則規定も設けられている。
 
 下記リンクの中には、”終末処理”される直前直後のイヌたちの動画がある。彼らがもし人間の言葉を話すとしたら、その悲痛な叫びを忘れることはできないはずである。
 
 
☆ 楽しく生きていきたいなら、与えるための袋と、受け取るために袋を持って行け。(ゲーテ)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 殺処分の犬、猫救え ワースト返上へ福岡県が本腰(読売新聞・09/3/9)
★ イヌネコの殺処分に立ち会った、人間には「看取る責任」(読売新聞・09/2/19)
★ CAJA(カヤ)成犬譲渡の会
★ ドイツの動物保護法 犬(地球生物会議ALIVE)
★ 殺処分される動物などの動画 – 地球生物会議ALIVE
★ 元タカラジェンヌ、捨て犬飼い続け20年 ファンが協力(朝日新聞・09/1/11)
★ 犬を失った友人(本ブログ・09/1/3)
★ 小泉容疑者の孤独(本ブログ・08/11/30)
★ 犬の殺処分数が全国一 沖縄県(本ブログ・08/7/9)
★ 捨て犬ネコ天国 四国汚名返上へ(本ブログ・07/10/30)
★ 人間の罪、ここにひとつ(本ブログ・07/7/4)
 
 

(Visited 18 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA