人間の罪、ここにひとつ

 関西の山あいにあるNPOの施設。スペックル(オス・推定10歳以上)は好物のおやつをもらい、しっぽを千切れんばかりに振っていた。女性職員が抱きかかえて「いい子だったね、しんどかったね」と頭をなでた。
 獣医師は安心しきったスペックルの前足に注射針を差した。職員たちは笑顔を絶やさず、最後まで語りかける。獣医師の親指がすっと押し込まれ薬が入ると、頭がぐらりと前に倒れた。見開いた瞳に苦しみの影はない。静かな最期だった。

 
 60億もの人間がひしめくこの星は60億通りの考え方がある。それを争いにならないように、うまく調整して平和を維持している。
 
 人間は60億だが、それ以外の動植物を含めた生命体は1000万以上あるとされる。我々はそれらを食し、時として眺めて楽しみ、住居を同じにして家族のように過ごすことになる。
 
 ペットブームは結構だが、無責任な飼い主が後を絶つことはない。虐待、放置などは昔から続いていることではあるが、近年そうしたブームも手伝ってか数が多い。
 
 生を色にするのならば、華やかな赤か晴れ晴れとした青か。対して、死を色に例えるならば黒であることに異論はないだろう。犬はその視覚が白と黒でしかない。1000万分の1である生命体の人間が、抵抗できない生命体に「黒」を押しつける愚行があまりに多い。彼らの本当の純粋さは限りなく「シロ」であるのに。
 
 
☆ 井戸に唾を吐く者は、いつかその水を飲まなければならない。(ユダヤ格言)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 無責任飼い主の罪 ズームアップ・ウィークリー(読売新聞・07/7/4)
 
 

(Visited 9 times, 1 visits today)

人間の罪、ここにひとつ」への2件のフィードバック

  • 2007-07-11 @ 3:48 PM
    パーマリンク

    ある日、ウチの前の公園に、子ワンコがいた。
    迷子になったようだった。なぜって、首輪をしていたから。
    すぐ探しに来るだろうと、放っておいた。
    幾ら待ってもウントモスントモ音沙汰が無い。
    で、いつの間にか首輪も外れ、のらワンコになってしまった。ゴミ箱を漁って食べ物を得ている。自分の勝手で、一時だけ遊び相手にする人達多数。だけど、誰も責任を取らない。私はもう1匹飼う余裕は無いので、頭を撫でた事も無い。近所のおばさんが、無責任な接し方をし、元々自分が飼っている犬のHさせ用に中途半端に庭に入れた。でも、あくまで首輪はつける気はないらしい。そして今、そのワンコは、孕んでいる。が、引き取る気はないらしい。横っ面を張ったおしてやりたい!

    返信
  • 2007-07-11 @ 11:19 PM
    パーマリンク

    >mamaさん
    とんでもない輩がいるものですね。
    うちも犬もHの犠牲になったことがあります。
    うちの犬を好んでいる雄犬の飼い主が、夜中に侵入してさせちゃったらしいのです。現場を見ていないのですが間違いのないことです。
    動物を飼っていて思うのは、飼い主のモラルが露骨に表れることですね。
    その元首輪のワンちゃんの将来が不安なところです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA