娘残して国外退去 フィリピン人一家

 
 92年、93年に他人名義の旅券で入国し、06年に強制退去を命じられたフィリピン人一家がいる。埼玉県蕨市に住む、Kさん(36)夫妻と長女、Nさん(13)だ。不法滞在で国外退去処分が確定したが、在留特別許可を求めていた。これに対して法務省は長女、Nさんだけに在留を許可した。
 
 この判断を受けて13日に一家は、司法記者クラブで記者会見をした。日本で生まれて日本語しか話せないNさん。Kさんは「3人で帰国することも、娘をおいていくこともできない。家族で日本に残りたい。Nが13歳じゃなければ私たちも帰る。でも(13歳では)まだ自分では何もできない」と話した。
 
 Nさんは「私にとって日本は母国。将来のためにも勉強を続けるためにも家族3人で残りたい。友人と日本でダンススクールを開くという夢も、フィリピンに帰ったら叶えられない」と目を潤ませながら話した。在留特別許可を受けるために1万8000人以上の署名を集めていた。
 
 法務省は、3人で帰国するか、Nさんだけ日本に残るか選択するように求めていた。27日までにそれを選び、帰国日を決めるように求めていた。森法相は「さまざまな事情を総合的に勘案して判断した結果、一家全員での許可はしないことと決定した」とコメントした。
 
 法律は絶対に守るべきであり、不法滞在を認めてしまっては治安維持の観点からも危険なことだ。法令は守らなくてはそれを制定した意味がない。違法滞在は犯罪である。ましてや他人名義で入国した犯罪態様は悪質だ。
 
 しかし大きな問題なのは、Nさんが13歳であり日本語しか話せないという事実である。夫妻は違法に入国して不法滞在を続けるという罪を犯した。しかし日本で生まれたNさんには何ら落ち度がない。それを勘案しての「長女のみ在留許可」だと思うが、13歳の子どもを1人残させるというのは、著しく福祉に反する判断である。例えば、Nさんが成人を迎えるまでという条件付きでの一家在留は無理なのか。
 
 もう一つ。夫妻が不法に入国した92年頃というのは、多くの外国人が日本に出稼ぎに来ていた時期でもある。日本の若者が敬遠していた、危険で汚れる単純労働に多くの外国人が従事していた。あのころ日本経済の底辺を支えていたのは彼らだった。日本で成功しようと考えていたわけでもなく、貧しい母国よりも働き口のある日本で働きたかった。単純にそれだけだった。
 
 前述したとおり、夫妻がしていたことは犯罪だ。でも本当は、こういう事実に対して「犯罪」なんて言葉は使いたくない。
  
 
☆ 私はお前の言うことに反対だ。だが、お前がそれを言う権利を私は命にかけて守る(ヴォルテール)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
★ 「私は100%日本人」比人女子の在留許可あす判断(イザ・09/2/11)
★ 「娘残して帰れない」 国外退去確定の比一家、涙の会見(読売新聞・09/2/13)
★ 強制退去のイラン人一家(本ブログ・07/7/8)
★ タイで両親と死別のYさんに在留資格(本ブログ・04/12/21)
 
 

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA