スマイリーキクチさんのブログ「炎上」させた18人を名誉毀損で検挙へ

 
 警視庁は、タレントのスマイリーキクチさん(37)のブログを集中攻撃し、閉鎖に追い込んだ男女18人(17〜45歳)について、名誉毀損容疑で刑事責任追及することを決めた。「殺人犯」などと、事実無根の書き込みが繰り返されたという。いわゆる「炎上」と呼ばれる集団攻撃の一斉摘発は初めて。警視庁よると、18人は大阪府高槻市内に住む国立大学職員の男(45)、千葉県松戸市の男(35)、札幌市の女子生徒(17)などとなっており、すでに自宅などを捜索してパソコンや携帯電話のデータを押収、近く書類送検する。
 
 被害にあったスマイリーさんのブログは、昨年1月〜4月にかけて、東京・足立区内で89年に発生した「女子高生コンクリート殺人事件」に、スマイリーさんが関与したという根拠のない誹謗中傷をされた。「人殺しが何で芸人をやるんだ」、「死ね、犯人のくせに」、「てめえは何をしたと思っているんだ」といった書き込みが、短期間に数百件に上ったという。現在、スマイリーさんは別のブログを再開している。
 
 スマイリーさんは所属事務所が「足立区出身の元不良」とのうたい文句で売り出したことがきっかけで、ネットの掲示板に男性を犯人扱いする書き込みが始まった。事務所側は02年、ホームページにて「事件とは無関係」と公表したが効果はなかった。
 
 スマイリーさんは「タレントとしての名誉に著しく傷が付き、芸能活動に重大な支障が生じた」として、中野署に被害届を提出、警視庁で通信記録を調べたところ、数十人が書き込みをしており、その中から執拗に悪質な書き込みを繰り返した18人を特定した。また、「殺す」と書き込んだ29歳の女を脅迫容疑で書類送検した。
 
 ネット上では、匿名であるのをいいことに、誹謗中傷の限りが尽くされている。根拠もなく無知なだけの誹謗中傷が、ネット上を闊歩している現状に歯止めをかける必要がある。匿名であるから便利な部分もあるインターネットであるが、見えない敵と対峙しなくてはならない被害者の苦痛は大変なものだ。
 
 過去にブログ仲間である女性が、ブログや掲示板で中傷を受けた。果敢にも応戦していたが、結局ブログの更新はやめてしまった。それにしても、わざわざ他人を中傷する人というのは、何が楽しくてパソコンのモニタを見つめているのだろう。やっていることは何の生産性もない嫌がらせだけ。モニタから離れれば、涼しい顔をして日常生活を送っているのだろう。バーチャル空間というのは、「仮想現実」と言われているが、これは立派な「現実社会」であることを忘れてはならない。ゲームの世界とは違うのである。
 
 面識のないネット上だけの付き合いの人がいる。お互いに誠意を持って接すれば、顔が見えないのにその人の顔が見えてくるような気がするから不思議だ。知らない人同士でも気軽に有意義に時を過ごすのが正しいネットの使い方である。ネットリテラシー、すなわちネットを上手く使う能力のある人は、現実の世界でも誠意のある人であることが非常に多い。屈折した人間は、現実社会でも何の実りもない寂しい人間であるに違いない。 
 
 もう一つ。スマイリーさんのブログを閉鎖に追い込んだ者たちは許せないが、そんな書き込みがあるほど、加害少年たちによる「足立区女子高生コンクリート殺人事件」というのは許し難い衝撃的な事件であった。この年には未成年者による「名古屋アベック殺人事件」もあり、少年法の議論が活発になった年でもある。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 芸能人ブログを集中攻撃、「炎上」させる 18人立件へ(読売新聞・09/2/5)
★ ブログ炎上 矛先が一般人にも(読売新聞・09/2/5)
★ 「2ちゃんねるさえなければ、」(本ブログ・08/3/12)
★ 匿名人間が牙をむく(本ブログ・05/11/8)
★ 上村愛子のブログ(本ブログ・06/8/5)
★ 女子高生コンクリ詰め殺人事件(事件回廊)
★ 名古屋アベック殺人事件(事件回廊)
 

(Visited 279 times, 1 visits today)

「スマイリーキクチさんのブログ「炎上」させた18人を名誉毀損で検挙へ」への0件のフィードバック

  1. ■芸能人ブログを集中攻撃、「炎上」させる…18人立件へ-情報発信の責任
    こんにちは。ブログ炎上事件、今まで立件などされませんでしたが、今度は立件ですね。厳しい司法判断がでることを期待しています。しかし、これらの事件を起こす人たち、頭悪いですね。いくら匿名にしても、書き込みをすると、IPアドレスなどがログに残るので、そこから時間をかけて手繰っていけば、どこの誰だか判ってしまうのに。メールなんかも同じですよね、消去したとしても、ダンプファイルが残っているのでほとんどが復元できます。近いところでは、大分県の教育委員会の不正がありましたが、当人たちは、パソコンからすべて関係情報を消したつもりになっていたようですが、そのほとんどが復元されたはずです。だから、誰が本当は不合格なのか特定できたのです。こんなこと知らないで、気軽にやっていたんでしょうね。私なら怖くてとてもできません。頭が悪いだけでなく、さもしいです。こういう人は、完全に精神が病んでいると思います。きっと、同じことを繰り返し続けます。だから、サイトやマスコミなどで、これらの人の顔写真と、略歴などはっきり公表すべきだと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

  2. >yutakarlsonさん

     警察がこうした状況に捜査のメスを入れたことは大変意義があると思います。インターネット上は公の場であるにもかかわらず、罵詈雑言が闊歩しているのは、第三者から見てもとても不愉快なものです。
     
     特に、他人のウエブサイトを荒らす行為は、脅迫状を家のポストに投函して逃げる行為と同じです。
     
     ブログやホームページを持っている人なら、アクセス解析の機能を利用している人も多いでしょう。ですので、悪質な書き込みはブロックもできますし、今回のスマイリーキクチさんのように、届ければ簡単に捜査着手ができることでしょう。
     最近私はファイル復旧ソフトを購入したことで、かなり昔のファイルも復元できたことに驚いています。
     要するに、悪いことはできないと言うことです。無知が行動を起こしても、その無知さは痕跡として残るというわけです。
     

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください