金八先生は必要か・2

 きっと3回目があるだろうと思っていた。北海道で2人の女性教諭が男子生徒と関係を持ち懲戒処分となった。そして今度は三重県で、24歳の女性教諭が中学2年の男子生徒と性的関係を持ち懲戒免職となった。
 
 三重県教育委員会によると、教諭は男子生徒から学校生活について相談などを受けていた。今年の1月ごろから頻繁にメールをするようになって交際を始めた。今夏に2回、教諭のアパートなどで性的関係を持った。県青少年育成条例違反の疑いもあることから、県教委は三重県警に相談している。教諭は「いけないことと分かっていたが好意を持ってしまった。生徒と保護者に申し訳ない」としている。
 
 大阪府の橋本知事が、公立学校での携帯持ち込みを禁止する方針を固めていることに対し、賛否の声が上がっている。「子供の登下校中に事件に巻き込まれたら不安」などという声もある一方で、生徒からも「辞書代わりに使っている生徒もいる。必要ないと思う」という声もある。授業中にメールをする行為は「テレビを見ながら授業を受けているようなものだ」という声もある。
 
 そして教師が生徒と不適切な関係を持つのに携帯電話が暗躍している。相談事があるのなら、決まった時間に決まった校内の場所ですればよいことだ。メールがあることにより、場当たり的な空間が保たれるだけで、時間管理能力や対人能力が廃れる可能性すらある。無くて済んでいた物であるし、あんな高価なものを持ち込んでいることが不思議なことだ。
 
 ”メールで熱心に指導”している先生がいる一方で、自身の処理能力を超えてしまい心の病に倒れる先生が増えている。特に40代後半から50代のベテラン教員が多い。全教員のおよそ3%ほどが病気になり休職しているか服薬しながら教壇になっている状態であるという。
 
 以前ここで「金八先生は必要か」と書いた。実際にはあり得ない先生だが、考えが変わった。金八先生は必要である。それは生徒のためではなく、ふしだらな教師に喝を入れ、斃(たお)れそうな先生に活を入れて寄り添うためである。それにしても不祥事を起こす先生は、どうして先生であろうとしないのだろう。
 
 
☆ 最も良い教師とは、子供と共に笑う教師である。最も良くない教師とは、子供を笑う教師である。(A・S・ニール)
  
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 公立校教員:ベテランの挫折増加 孤立深める(毎日新聞・08/12/25)
★ 中2男子と性的関係、24歳女性教諭を懲戒免職・・三重(読売新聞・08/12/26)
★ 橋本知事の携帯持ち込み禁止 河村官房長官、鳩山総務相が賛意表明(産経新聞・08/12/5)
★ 教え子と性的関係 大津(本ブログ・07/5/25)
★ 金八先生は必要か (本ブログ・07/11/3)
★ 懲りない先生たち(本ブログ・08/7/31)
 
 

(Visited 32 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA