桜の年度末

 一時期、年度のサイクルを4月からではなく、諸外国と同じように9月からにしてはどうかという論議があった。受験も寒い冬に経験するのは酷である、という理由もあった。
 
 ソメイヨシノの開花とともに人は別れを告げることになる。これまでの年度と別れ、仕事と別れ、学業と別れ、友人と別れ、恋人と別れる。別れはさみしいことではあるが、桜が散ったあとは新しい芽が息吹く。別れは出会いとの出会いであり、桜が舞っているのは、そうした切ない気持ちをどさくさに紛らわせてくれる。ゆえにこの年度末は好きである。
 
 ハンディキャップを背負っている元ラガーマンが大学を卒業した。一時は落ち込んでいたというご本人も、本当の自分ではない、と前向きにリハビリを続けていたそうである。こうした人がいることを考えると、だらだら時間を空費していることを情けなく感じることもある。
 悔いのない人生はだれにでもある。桜リセットして、新しい年度を迎えたい。もし意気消沈していたら、青いキャンバスにピンクの足跡が付いている空を眺めれば、桜がなぐさめてくれるだろう。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 桜 花見 春丸ごと特集(goo季節特集)
★ 前へ 車椅子の元ラガーマン3年遅れ卒業式(産経新聞・06/3/27)
 
 

(Visited 25 times, 1 visits today)

桜の年度末」への1件のフィードバック

  • 2006-03-29 @ 2:18 AM
    パーマリンク

    卒業おめでとう
    ちょくちょく拝見しているNonoさんのブログ”言葉のリサイクル”で懐かしい顔を紹介する記事に行き当たった。
    「前へ 車椅子の元ラガーマン3年遅れ卒業式 」
    ―明坂一宏が大学を卒業する。
    胸が詰まる。よかったね、と泣きたいようなせつない思いがこみ上げる。記事に添え

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA