タクシーの運転手さん

  
 昔の話しになるが、タクシーに乗ったとき運転手に大いに自慢されたことがある。
 
「これ、オートマなんだよ~。」
 
「あー、そうですか、すごいですねー。」
 
「これはね、ドアミラーが開閉するんだよ。」
 
「へー、楽しいですね。」
  
 そんな自慢話を聞かされて目的地までついたことがあった。
 
 別のタクシーの運転手さん。
 
 飛ばすのである。乗っていて恐ろしいくらい。しかも蛇行運転している。
 
(もしや、居眠りでは・・。)
  
 そのあとも赤信号なのに突っ込みそうになったり、とても生きた心地はしなかった。
 
 そして最近の話。
 
「○○までお願いします。」
 
「○○ですか・・ちょっと分からないんで教えてもらえますか?」
 
「え(汗)分かりました。まず、○○通りに出てください。そのあとまたお知らせします。」
 
目的地近くにて・・。
 
「そこ右に曲がってください。」
 
「これは・・曲がれないなぁ。」
 
「え(汗)じゃあ、ここでいいです。」
 
 誰も一発で曲がってくれと入っていない。切り返せば曲がれるところである。そもそもプロの運転手さんならどうにかしようっていうものだ。
 
 そんな感じで、一昔前に比べて「道を知らない」「曲がれない」という運転手さんが多くなった。
 
 それでも、深夜など「足」がないときはお世話になるのがタクシーである。道ぐらいは勉強して欲しいというものだし、あと、安全運転でね。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 38 times, 1 visits today)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください